親将むけ

モチベアップに!おすすめ将棋マンガ7選

将棋たのしもう!編集部

こんにちは。管理人のときんです。

今回は、将棋の勉強に飽きてしまった方向けに、モチベーションアップに繋がるマンガをセレクトしました。

7作全て管理人読破済み、残虐なシーンやエッチな要素はほぼゼロのため、低学年のお子さんでも安心して読むことができます。

ご参考になれば幸いです。

龍と苺

サンデー連載、柳本光晴先生作の将棋マンガ。

毎日に倦んでいる女子中学生・藍田苺は、ある日ひょんなことからスクールカウンセラーに将棋を勧められて大会に出場する。

将棋の才能を開花させた天才女子中学生が、アマ強豪を次々と破り、とうとう竜王戦本戦トーナメントに出場…

というあり得ない設定ながら、プロ棋士相手にわかりやすく勝ち星を挙げていく過程は痛快。

全くやる気の出ない人も、読後は香1枚強くなった気分になれます!

やり過ぎなくらいにデフォルメされたプロ棋士の先生方も、一人一人がいいスパイスになっており、クスリと笑えます。

3月のライオン

羽海野チカ先生作の名作将棋マンガ。

アニメ化、実写映画化もされているので、どこかで作品名を見かけたか方も多いのでは?

事故で両親を失い、複雑な過程環境に育ったことから、将棋しか生きる道のない天才高校生棋士・桐山零。

どこか影のある彼を優しく癒す川本三姉妹、先輩、友人棋士との温かな交流を描く、ハートフルなストーリー。

将棋のことが全く分からない方でも、時に笑い、時に涙し、作品の世界観にどっぷり浸れます

月島の下町情緒、千駄ヶ谷の風景が丁寧に描かれており、作画も素敵です。

この他、先崎先生監修による作中棋譜や、時折スピンオフで描かれる個性豊かなプロ棋士の方々のお話など、多彩な楽しみ方があるマンガです。

将棋の渡辺くん

渡辺明先生の奥様・伊奈めぐみ先生が描くノンフィクションマンガ。この作品が処女作!

ぬいぐるみ好きだったり、不器用だったり、多趣味だったり…渡辺先生のお茶目な側面が垣間見えて、ほのぼのとします。

もちろん、棋界裏話も充実していて、将棋ファンなら一家に一式揃えておきたい本です。

どの将棋マンガから読み始めたら良いかわからない方は、このマンガがおすすめです

バンオウ-盤王-

ジャンプ連載の綿引智也先生原作のマンガ。

お世話になった将棋道場再建のため、竜王戦優勝目指して立ち上がる将棋好きの吸血鬼。

江戸時代から300年間研鑽してきた己れの棋力で勝ち上がる。

鬼、将棋がめちゃくちゃ強い設定というと、某名作囲碁マンガを彷彿とさせる感はありますが、そこは二番煎じに収まらず、少年漫画の王道らしい、楽しく爽やかな読後感です。

将棋が全くわからない方でも大丈夫な内容です。

将棋めし

将棋マンガを多数描いていらっしゃる松本渚先生作の将棋「めし」マンガ。完結済。

初の女性プロ棋士・峠なゆたの数々の対局と、それに合わせた将棋めしセレクトのほのぼのストーリー。

広瀬先生監修の作中棋譜と、それにちゃんと連動した「将棋めし」になっている作話が秀逸です。

将棋が全くわからない方でも楽しく読めますが、将棋が分かる方の方がより楽しめると思います。

リボーンの棋士

手塚治虫先生作の「リボンの騎士」とリボーン(再生)に引っかけた、タイトルからして技ありの鍋倉夫先生作の将棋マンガ。監修は元奨励会三段の鈴木肇さん。完結済。

奨励会を年齢制限で退会し、夢破れた主人公・安住浩一。アルバイトをしながらコツコツと将棋の勉強を重ね、アマからプロ棋士への編入を目指して大会参戦を続ける。

奨励会時代の暗い影は鳴りを顰め、朗らかに純粋に将棋を楽しむ安住、以前とは違う強さで人生を前向きに歩んで行く。

やもすれば暗く重くなりがちなテーマをサラリと描き、読後感は爽やかです。

最後駆け足での完結になってしまったのは残念ですが、むしろ作者なりの終末を描き切らずに含みを持たせたからよかったのかなとも思います。

やや大人向けの漫画です。

ひらけ、駒!

ご子息も元奨励会員である南Q太先生作の将棋マンガ。完結済。

珍しい親将ジャンルのマンガ。

将棋にハマった小学生4年生・菊地宝の日常をのんびり温かく見守る母親目線のほのぼのマンガ。

連盟道場、将棋教室、研修会から奨励会へ。

宝の成長に触発され、母もいつしか将棋を指すように。

親将あるあるに頷きながら、自分の子どもに重ねながら共感してしまいます。

些細な日常に溢れる幸福感や、千駄ヶ谷の情景、子ども同士の対局シーンが素敵です。

諸事情で途中完結となってしまったのは残念です。

まとめ

今回は将棋が全く分からない方、低学年のお子さんでも安心して読めるおすすめ将棋マンガを7つ取り上げました。

この他にもたくさん面白い将棋マンガがありますので、勉強に飽きたら、色々と読み比べてみて下さい。

※将棋の本はKindle Unlimitedにもたくさんあります。30日間の無料体験もあるので、お気軽に試してみましょう。

≫Kindle Unlimitedを30日間無料で試す!(公式サイト)

ABOUT ME
将棋を楽しもう!編集部
将棋を楽しもう!編集部
将棋が大好きなライターたちが、将棋の魅力、楽しさを分かりやすくお届けします!
記事URLをコピーしました