将棋のルールを覚えよう!基本フォーム②駒を取る

こんにちは。

日本将棋連盟公認、将棋普及指導員のきゃべ夫です。

本ブログで連載している「将棋入門講座」。

今回は第4回。

将棋の基本フォームの2つ目である「駒を取る」ことについて解説します。

第3回をまだ読んでいらっしゃらない方は、ぜひ先に第3回から読んでいただけますと幸いです。

第3回「4つの基本フォーム①駒を動かす」

駒を取る

将棋の駒は全部で8種類あり、それぞれが違う動き方をすることは前回お伝えしました。

次に覚えることは駒を「取る」ことです。

ここからは、図を使いながら、「駒を取る」とはどういうことかを説明していきます。

歩で駒を取る

下の図を見てください。

左側の図では、自分(手前側)の「歩」が進める先(1つ前のマス)に、相手の金がいますね。(相手の駒は、このように逆さまにして書きます)

この場合、自分の「歩」を進めながら、相手の「金」を取ることができます。

取った後の状態が右の図です。

自分の「歩」が1つ先のマスに進み、そこに元々いた相手の「金」が自分の駒になりました。

これが、駒を「取る」というアクションです。

取った相手の駒は「持駒」として、自分の番であればいつでも好きなとき、好きな場所に「打つ」ことができるようになります。(駒を「打つ」は、次回の講座で詳しく説明します)

この「取った相手の駒を自分の駒として使える」のは日本の将棋だけです。

お手元に将棋盤がある方は、ぜひ同じような形に並べて、駒を「取って」みましょう。

ここからは、色々な駒で「相手の駒を取る」例をお示ししていきます。

香で駒を取る

香(香車)は、一直線にどこまでも進める駒でしたね。

左の図を見てください。

自分のが進める先(一直線上)に、相手のがありますね。

この場合、右図のように香をまっすぐ進めた先にある相手のを取ることができます。

取った後の状態が右の図です。

元々相手のがいた場所まで自分のが進み、自分の持駒が加わりました。

1つ注意。

香はまっすぐどこまでも進める駒ですが、自分や相手の駒を飛びこすことはできません

例えば、上の図のように自分の「歩」が間に挟まっているとき、それを飛び越して相手の「角」を取る、ということはできないわけです。

桂で駒を取る

続いては桂(桂馬)です。ちょっと動かし方が難しい駒でしたね。

下図で、先手の「桂」は相手のどの駒を取れるでしょうか?

この桂が動ける箇所は、次の図の青い色のマス目です。

Yの字を描くように動けるんでしたね。

 
扇子くん
動ける先に、相手のがいますね!
 
きゃべ夫
その通り。この場合、先手の桂は、相手のを取ることができます。
取った後は下図のようになります。
桂の利き(”きき”と読みます。その駒が動けるマス目のことを指します)は、はじめのうちは分かりにくいので、間違えないように気を付けましょう。

銀で駒を取る

続いて銀です。

これまでの駒よりちょっと動かし方が難しくなります。

下の図で、自分のは相手のどの駒を取ることができるでしょうか。

まずは銀がいけるところを確認しましょう。

 
扇子くん
銀は、横と後ろ以外は動けるんでしたね・・・
銀が動けるのは下の5か所です。
動ける先には、相手の香と歩がいますね。
このどちらかを取ることができるということです。
 
扇子くん
どっちを取ればいいんだろう?
 
きゃべ夫
前回の講座で教わった「駒の価値」を思い出してみましょう!
この例みたいに、相手の駒をいくつか取れる場面も多いです。
そんなときは「駒の価値」を思い出してみましょう。
8種類ある駒は、王→飛→角→金→銀→桂→香→歩の順に価値が高いんでしたね。
ですので、相手の香か歩が取れる場面では、価値の高い香を取るのが良いでしょう。

金で駒を取る

お次は金です。

先ほどの図で、自分の銀を金に置き換えてみるとどうなるでしょうか。

香ちゃん
金は、ナナメ後ろ以外に動けるんだったわヨネ
この場合、金が動ける箇所は下図の6か所です。
相手の桂か香が取れる形ですね。
先ほどの「駒の価値」を考えて、ここは桂を取りましょう。
香ちゃん
アタシを取ってよ!!
だんだん、「駒を取る」ということがイメージできてきましたか?
あと一息ですので頑張りましょう。

角で駒を取る

お次は角です。

斜め方向に無限に動ける駒でしたね。

同じように、行けそうな場所に色を塗ってみましょう。

角は、ナナメ方向に動くので、どこのマス目にいけるのかが最初は分かりにくいです。

時間がかかってもいいので、慎重に確認しましょう。

例えば、上の図だと、相手のは、自分の角が動ける範囲には無いので取れません。

また、相手のは、間に自分のがいて邪魔しているので取れません。

角も、飛車や香と同じく、自分や相手の駒を飛び越すことはできません。

ということで、取れるのは右側のです。

価値が高い桂の方を取るのが良いでしょう。

飛車で駒を取る

続いては飛車です。

縦横無限に動ける最強の駒でしたね。

なんか色々ありますが、まずはいけそうなところを色塗りしてみましょう。

ここでポイントが1つ。

飛車は、縦横無限に動けるものの、自分や相手の駒を飛び越すことはできません。

また、もちろんですが自分の駒がある場所には動けません。

そのため、この局面で自分の飛車が取れる相手の駒は、「角」と「銀」のどちらかです。

価値が高い角を取ると良いでしょう。

王で駒を取る

最後に王です。

 
扇子くん
えっ、王で駒を取ることもあるんですか?
 
きゃべ夫
もちろんです。王は、全方向に動けるので強い駒なんですよ。
では、下の図で見てみましょう。
ちなみに「王」だと、ひっくり返しても同じ字になり、どちらの「王」か分からないので、図にするときには「」と書くのが普通です。
玉は、全ての方向に1マスずつ進めるんでしたね。
どの駒を取りますか?
香ちゃん
そりゃ、飛車が欲しいにきまってるワ!
 
きゃべ夫
価値が高い駒が欲しいよね。でも大丈夫かな・・・?
飛車を取ると、下の図のようになりますね。
自分が飛車を取ったところなので、次に手を指すのは相手です。
そして、よく見ると相手の歩が進める先に、自分の玉があります。
と、いうことは・・・
このように、パクっと玉を取られてしまいます。
将棋は玉を取られると負けなので、これでゲームセットです。
玉で何か相手の駒を取るときには、「自分の玉を取り返されないか」にくれぐれも注意しましょう。
ここでは、取り返されない香を取るのが正解です。

おわりに

今回は、「駒を取る」動作について解説いたしました。

次回は、基本フォームの3つ目、「駒を打つ」に動作について解説します。

また次回も読んでもらえると嬉しいです。

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!