将棋のルールを覚えよう!基本フォーム③駒を打つ

こんにちは。

日本将棋連盟公認、将棋普及指導員のきゃべ夫です。

本ブログで連載している「将棋入門講座」の第5回です。

将棋の基本フォームの3つ目「駒を打つ」ことについて解説します。

前回までの講座をまだ読んでいらっしゃらない方は、先にそちらから読んでいただけると、より理解が深まるかと思います。

第3回「4つの基本フォーム①駒を動かす」

第4回「4つの基本フォーム②駒を取る」

駒を打つ

第4回で説明した通り、自分の駒が進めるマスに相手の駒がある場合には、その駒を取ることができます。

そして、取った駒は自分の持ち駒として、自分の手番に「打つ」ことができます。

例を見てみましょう。

左の図では、先手が「歩」を1枚持っています。
扇子くん
上のような局面図では、持ち駒は駒のマークの下に表示されます。
右の図は、先手が持っていた「歩」を盤上に打ってみた局面です。
黄色くなっているマスに「歩」が置かれ、先手の持ち駒からは「歩」が無くなっています。
これが駒を「打つ」という動作です。

どうして駒を打つの?

駒を打つ目的は様々です。
攻める場合だと、相手の駒を取りに行ったり、相手の玉を追い詰めるために自分の持ち駒を使うことが多いです。
また、守る場合には自分の玉の周りに金・銀などの駒を打って守りを強化したりする場合に持ち駒を使うことがあります。
具体的なテクニックは「実戦ワンポイントレッスン!」で色々ご紹介しておりますので、将棋が少し指せるようになってきたらぜひご覧ください。

駒を打てないケース

基本的に、持ち駒は自分の番ならいつでも好きな場所に打つことができますが、打てないケースが2つあります。

同じ列に歩を2枚打つ

同じ列(将棋ではといいます)に、歩を2枚存在してはいけません。

つまり、もともと自分の歩がいる筋には、持ち駒の歩を打つことができないわけです。

もし打ってしまうと「二歩」という反則となり、その場で負けになります。

「二歩」は、プロ棋士の公式戦でもたまに現れる反則です。

初心者のうちは二歩を打ちがちなので気を付けましょう。

行き所の無い駒を打つ

持ち駒は基本的にどこにでも打てますが、次にどこにも動くことができない場所には打てません。

具体的には、前方向にしか進めない歩・香・桂の3枚に関係するルールです。

下図を見てください。

これらの駒は、次にどこにも動ける場所がないことはお分かりでしょうか。

このような場所には駒を打つことができません。

先ほどの「二歩」と比べるとあまり発生しませんが、こちらも、もし打ってしまうとその瞬間に反則負けになるので注意しましょう。

日本独自のルール

今回ご紹介した「持ち駒を打てる」ルールは、日本将棋独自のものです。

将棋は、欧米で親しまれているチェスの親戚のようなゲームなのですが、チェスの方は取った相手の駒を使うことはできません。

このルールがあるからこそ、将棋は無限の可能性を秘めた面白いゲームになっているのです。

ぜひ「取った駒を打つ」ことを楽しんでいただけると嬉しいです。

次回は、4つの基本フォームの最後「駒を成る」について解説します。

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!