将棋普及指導員ってどんな資格?どのくらいの棋力でなれる?現役の指導員が徹底解説!

こんにちは、きゃべ夫です。

今回は、私が2020年4月に取得した将棋普及指導員資格について、取得方法などを細かく解説します。

・将棋普及指導員の資格を取ってみたい方
・普段、将棋普及指導員から将棋を教わっている方

将棋普及指導員とは?

将棋普及指導員とは「日本将棋連盟公認の将棋の指導者」です。
具体的には以下のような権利を持ちます。

  • 級位認定状及び三段までの免状を推薦する権利
  • 日本将棋連盟公認の教室の開設する権利
  • 自治体、公共施設等への連盟の推薦状の発行を受ける権利
  • 自分の教室に、格安料金で棋士の派遣を受けられる制度

将棋の普及活動を行うこと自体は、特に資格が無くても可能なのですが、将棋普及指導員資格を持っていると、教えている生徒の棋力を公式に認定したり、日本将棋連盟のお墨付きのもとで普及活動ができるといったメリットがあります。

将棋普及指導員は1994年度から始まった制度で、現在はおよそ1,000名程度の方がこの資格を保有しています。

資格から取得までの流れ

普及指導員は、「1.申請」⇒「2.書類審査」⇒「3.最終審査」⇒「4.資格登録」の4手順で取得することができます。
各手順を説明していきます。

1.申請

毎年12月ごろ、日本将棋連盟のWebサイトに、翌年度の『将棋普及指導員』募集のお知らせが掲示されます。
参考:令和2年度『将棋普及指導員』募集のお知らせ(日本将棋連盟HP)

お知らせで案内された手順に従って、まずは資格申請書・推薦書の提出と、資格審査料の払い込みを行います。

なお、資格申請書・推薦書は、お知らせの画面からPDF形式でダウンロードすることができます。

普及指導員の資格申請に際しては4つ、条件があります。

条件1:三段以上の免状取得者であること

「免状」とは、日本将棋連盟が発行している、棋力を認定する書面を指します。
通常、免状は初段から六段までが取得可能なのですが、このうち「三段」以上の免状を取得する必要があります。

免状については別記事にて詳しくご紹介しますが、おおまかに以下の方法で取得できます。

  • 日本将棋連盟公認のオンライン将棋対戦サイト「将棋倶楽部24」のレーティングを基に申請(最高段位:三段以上)
  • 日本将棋連盟公認のオンライン将棋対戦アプリ「将棋ウォーズ」の段級を基に申請(最高段位:三段以上)
  • 日本将棋連盟発行の機関誌「将棋世界」の認定コースで所定の成績を収める
  • プロ棋士や、日本将棋連盟支部からの推薦を受ける

上記のような方法で三段免状を取得することが第一の条件です。

条件2:日本将棋連盟の支部会員であること

普及指導員の資格申請には日本将棋連盟の支部会員になる必要があります。
支部会員には以下の2種類があります。

  • 支部会員(年会費:3,000円)
  • 個人会員(年会費:5,000円)

お近くに日本将棋連盟の支部がある方は支部会員に、無い方は個人会員に加入すると良いでしょう。
日本将棋連盟の支部一覧(日本将棋連盟HP)

条件3:棋士等の推薦を受けていること

普及指導員の資格申請には以下の条件に該当する推薦者・副推薦者から推薦を受けることが必要です。

  • 棋士、指導棋士、女流棋士
  • 棋道師範、棋道指導員、支部連合会会長、支部長(設立3年以上)

それぞれがどのような立場の方々であるかは別記事で詳しくご紹介しますが、いずれにしても何らかの形で将棋界に関係する方からの推薦が必要、ということです。

周りに将棋関係者がいない、という方にとってはこれが一番高いハードルかもしれません。ただし、47都道府県全てに日本将棋連盟の支部がありますので、まずはお近くにある支部に問い合わせてみることをお勧めします。

なお、推薦人は推薦者・副推薦者の2人を立てる必要がありますが、同一でも構わないとのことなので、まずは1人、推薦者になっていただける方を見つけましょう。

条件4:20歳以上であること

普及指導員は20歳以上でなければ資格申請を行うことはできません。

私が受験したときは、20代後半~60代くらいの幅広い年代層の方が受験していました。

以上の条件を満たし、資格申請書・推薦書の提出と、資格審査料の払い込みが完了すると書類審査に進みます。

なお、資格申請書の中には、最終審査に進んだ場合に、どの地域の会場での受験を希望するかを記載する欄があります。

令和2年度の試験では、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・島根・香川・福岡の8会場でした。

2.書類審査

資格申請書・推薦書の提出と、資格審査料の払い込みが完了すると、書類審査が行われます。審査の結果は3月上旬に書類で通知されます。
私が受験した令和2年度試験では、3月11日付で書類審査結果通知が発送されていました。

3.最終審査

書類審査に合格すると、最終審査に進みます。

試験内容は筆記試験+面接です。面接では某プロ棋士の先生が面接官で緊張しました(笑)。

そして、試験終了から1週間程度で合格通知書が届きました。大人になると、試験に合格する喜びを味わう機会も少なくなりますから、嬉しさもひとしおでした。

4.資格登録

最終試験に合格すると、後は手続きを残すのみです。

登録料+初年度の年会費(計32,000円)を郵便局で振り込むと、後日、資格証が届きます。

おわりに

将棋普及指導員について、受けたてホヤホヤの私が解説させていただきました

資格に興味がある方、実際にどのような普及活動をしているのかなどに興味がある方は、お気軽にお問合せ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA