奨励会三段リーグの「次点」の仕組みを分かりやすく解説!

将棋の棋士になるには、棋士育成機関「奨励会」を卒業する必要があります。(奨励会の仕組みはこちらの記事をご覧下さい)

奨励会の頂点は三段。

三段になると、三段全員が集まる三段リーグに所属することになります。

三段リーグは年に2回行われ、それぞれ上位2名ずつが四段昇段(=プロ入り)となります。

また、三段リーグには次点による昇段という特殊ルールが存在します。

今回は、この「次点」の仕組みを説明します。

次点とは?

次点(じてん)とは、昇級まであと一歩の成績をあげた人がもらえるボーナスポイントです。

先ほど説明した通り、三段リーグで2位以内に入ると四段昇段(=プロ入り)となりますが、同時に、3位に入った三段に次点が付与されます。

そして、次点を2回獲得すると四段に昇段できます

実際の例でご説明します。

下の図は、2018年4月~9月に行われた第63回奨励会三段リーグ戦。

上位5人の最終成績を抜粋しました。

まず、15勝3敗の本田三段が1位で四段昇段です。

続いて、山本三段・桝田三段・岡部三段の3名が13勝5敗で並んでいます。

このように、勝ち星が並んだ時に重要になるのが「順位」。

「順位」は、前期の成績によって決められたランキングのことです。

勝ち星が並ぶと、この「順位」が高い人が優先して昇段となります。

つまり、13勝5敗で並んだ3名のうち、「順位」が最も高い山本三段が四段に昇段することになります。

ランキング1つの差が運命を分けるところが、将棋ファンがドラマを感じる点でもあり、勝負の残酷さを示す点でもあります。

仮に、今のシーズンで昇段の可能性が無くなったとしても、次のシーズンのために1つでも順位を上げておかねばなりません。

この「順位優先」の仕組みが、将棋界に八百長が発生しない理由だと言われています。

通常の四段昇段との違い

ところで、次点2回獲得による四段昇段は、通常の四段昇段と少し違います。

通常の四段昇段は、次の4月から開幕する順位戦に参加できます。

しかし、次点2回獲得による四段昇段は、順位戦には参加できず、「フリークラス」からのスタートとなります。

フリークラスの棋士は、

  • 順位戦に参加できず、対局数が少ない

  • 10年以内に規定の成績をあげないと引退となる

など、プレッシャーがかかる立場です。

しかし、それでもプロデビューできることに変わりはありません。

実際、過去に次点を2回獲得した三段は、ほぼ全員フリークラスでの四段昇段を選択しています。

過去、三段リーグで次点を2回獲得して四段に昇段したのは以下の棋士です。(昇段日順)

  • 伊奈祐介七段

  • 伊藤真吾五段

  • 渡辺正和五段

  • 渡辺大夢五段

  • 佐々木大地五段

次点による昇段を辞退した佐藤天彦三段

実は、過去に1人だけ、次点による四段昇段を辞退した奨励会員がいました。

佐藤天彦三段(現九段)です。

佐藤三段は、16歳のときに2度目の次点を獲得しましたが、四段昇段の権利を放棄して話題になりました。

この件については、『将棋世界2019年5月号』の「師弟」での中田功八段×佐藤天彦名人(当時)の対談に詳しく書かれています。

次点による昇段を辞退したことについては、プロ棋士の中でも賛否両論のようです。

ありえないです。自分の弟子が次点2回取って辞退すると言ったら、破門にします。増田であっても0.1秒でプロになれと即答します。辞退することは、後々の人にプレッシャーをかけることにもなりますから(森下卓九段)日本将棋連盟「将棋世界」2019年5月号より引用

次点を蹴ったことについては、そのほうが効率的かと思いました。当時の棋戦の数だと、順位戦に参加できるまで数年はかかる。奨励会なら最短で半年です。しかも彼は勝ち越し以上は絶対に決まっているような三段でしたから(渡辺明二冠)日本将棋連盟「将棋世界」2019年5月号より引用

佐藤天彦三段はその後、第39回三段リーグ(2006年4月~9月)で四段昇段。

その後の活躍は皆さんご存じの通りです。

次点付与に関する新規定

ここまで説明した通り、次点は「三段リーグ3位の成績をあげた奨励会員」に付与されるのが原則です。

しかし、2014年に新たなルールが1つ追加されました。

新人王戦で奨励会三段が優勝した場合、進行中の三段リーグ終了時に次点がつく」というものです。(参考:日本将棋連盟リンク

この前年、新鋭プロ棋士の頂点を決める「新人王戦」で、都成竜馬三段(当時)がプロ棋士を立て続けに破って優勝する快挙を成し遂げました。

それ以前も、奨励会三段やアマチュア選手が決勝三番勝負に進出した事例はありましたが、優勝したのは都成三段が初めてでした。

この異例の活躍を受けて、次点を1つ付与することとなったのです。

結果的に、都成三段は第58回三段リーグで1位となり四段に昇段したので、この次点が昇段に絡むことはありませんでしたが、三段リーグ3位以外で次点が付与される初めてのケースとなりました。

今回は、奨励会三段リーグの「次点」の仕組みについて解説いたしました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA