初心者向け記事

【初心者むけ】将棋の角の手筋まとめ【将棋普及指導員執筆】

ぺんぎん

将棋の角の手筋をまとめた記事だよ!それぞれの手筋は動画でも解説してるから、ぜひ参考にしてね!

角の使い方って、結構むずかしいですよね。動ける場所(利き)がナナメで見えづらいし、初心者~級位者には何かと扱いづらい駒です。そんな角の基本手筋をまとめました。

本記事で紹介する手筋
  • 角の両取り(かけ方)
  • 角の両取り(受け方)
  • 角+桂馬の名コンビ
  • 角+歩のコビン攻め
  • 序盤で馬を作る
  • 角を使った「素抜き」

それでは、はじめていきましょう!

将棋の角の手筋6つ

1:角の両取り(かけ方)

まずは角の最も基本的な手筋「両取り」を紹介します。

「両取り」とは、角を打ったり動かしたりして、相手の2つ以上の駒を同時に狙う手のことです。たとえば第1図のような手ですね。

第1図

単純な両取りが分かるようになったら、「次に両取りをねらう攻め方」にもチャレンジしましょう。たとえば第2図をご覧ください。

第2図

第2図では、▲83歩△同飛としてから▲61角と打てば両取りが決まります。このような形を乱して角で両取りをマスターすれば、有段者がグッと近づきますよ。

2:角の両取り(受け方)

相手から角の両取りをくらうとあせりますが、ちゃんと受ければそこまで被害がないことも多いです。具体的には以下のような受け方があります。

  1. 逃げながらヒモをつける
  2. 角を打って両方を守る
  3. 角をあわせる

第3図は、相手に△53角と打たれた局面。

第3図

一見すると、飛車か金のどちらかが取られてしまいそうですが、▲76飛(第4図)と引けば、飛車を逃げつつ、金にもヒモをつけて助かっています。

第4図

これが「逃げながらヒモをつける」です。ほかにも受け方はいろいろあるので、ぜひ動画をご覧ください。

角の両取り(受け方)を学ぶにはこの動画!

3:角と桂馬の名コンビ

角と桂馬の相性はバツグンです。上手に組み合わせれば、相手の強い駒を取ったり、相手玉を詰ましたりと威力を発揮します。

特に定番なのは美濃囲いの攻略

第5図

第5図では▲74桂△71玉(△92玉)に▲82金と打てば、いきなり後手玉は即詰みになります。

4:角+歩の「コビン攻め」

「コビン攻め」も有名な手筋です。コビンとは、相手の駒のナナメ上のマス目のことです。第6図をご覧ください。

第6図

第6図では、飛車のコビン(33のマス目)をめがけて▲34歩(第7図)と突くのが好手です。

第7図

後手が△同歩と取れば、▲22角成と飛車を取って必勝です。これがコビン攻めです。

少し難しくしたのが第8図。

第8図

これも▲34歩△44銀▲45歩(第9図)と突く手が厳しいです。

第9図

後手が銀を逃げると飛車を取れますし、そのままにしていると▲44歩と銀を取れます。どちらにせよ、先手が大きく得をします。

5:序盤で馬を作る

序盤で馬を作るチャンスが生まれることは結構あります

たとえば、初手から△34歩▲76歩△54歩と進んだ第10図を見てみましょう。(見やすいように、先手後手を逆にしています)

第10図

何も起こらないようですが、じつは▲22角成△同銀(△同飛もある)▲53角(第11図)と進めれば、早くも先手が指しやすくなります。

第11図

というのも、次に自分の番がきたら、左か右のどちらかに馬を作れるからです。補足すると、第11図から△44角とあわせる手には▲同角成△同歩▲43角で先手良しです。

ぺんぎん

初心者~級位者どうしの序盤は、いきなり馬を作るチャンスがよくあるよ!ぜひ使えるようになろう!

6:角を使った「素抜き」

素抜き(すぬき)とは、お互いの飛車などが向かい合っている局面で、間の駒をさばいて相手の駒を取る大技です。たとえば、飛車が向かい合っている第12図。

第12図

ここでは▲51角成(第13図)と角を捨てる大技があります。

第13図

王手なので、後手は△同玉と取るしかありませんが、これで先手の番になったので▲22飛成と後手の飛車をタダで取れます。

素抜きは文章では伝えづらいので、ぜひ解説動画をご覧ください。実戦で決まったらめちゃくちゃ気持ちいいです

まとめ

今回は角を使った基本手筋を解説しました。

初心者や級位者の皆さまの実戦でも使える場面が必ずあるので、ぜひ役立ててくださいね。本記事の執筆に際して参考にした本をいくつか紹介して、おわります。

ABOUT ME
ぺんぎん
地方在住の将棋講師です。未就学児から80代まで、幅広い年代の方に将棋を指導してきた経験をもとに、初心者、級位者の棋力アップに役立つ情報をお届けします。