将棋の基本手筋

【初心者むけ】将棋の香車の手筋まとめ【将棋普及指導員執筆】

ぺんぎん

将棋の香車の手筋をまとめた記事だよ!それぞれの手筋は動画でも解説してるから、ぜひ参考にしてね!

香車は一直線にどこまでも前進できる動きが特徴の駒。歩以外なら何と交換しても駒得になる優れた駒です。この記事では、初心者~級位者の方に覚えてほしい「香車の手筋」をご紹介します。

本記事で紹介する手筋
  • 田楽刺し
  • 底歩をめがけて香を打つ
  • 香の足し算
  • 逃げ道をふさぐ香

それでは、はじめていきましょう!

将棋の「香車」の基本手筋

1:田楽刺し

まずは最も基本的な「田楽刺し」の手筋から紹介します。第1図の局面をご覧ください。

第1図

ここで▲36香(第2図)と打つのが「田楽刺し」です。

第2図

相手の飛車と角が串刺しになっていますね。これが食べ物の「田楽刺し」に似ていることが手筋の名前の由来です。

第2図では、後手が何もしなければ角が取れますし、後手が角を逃げると、その先にいる飛車が取れます。つまり飛車か角のどちらかは必ず取れる形です。

ぺんぎん

歩の次に弱い香車で相手の飛車か角が取れるんだからお得だね!

なお第2図で△35歩と香車の利きをとめようとしても▲35同香(第3図)で無効です。

第3図

少し形が変わって第4図。

第4図

これは相手の玉と飛車に対して田楽刺しをかました局面です。玉を取られたら負けなので後手は飛車を逃げることができません。つまり第4図では飛車を確実に入手できます。

このように田楽刺しは相手の強い駒を取りやすい手筋なので、必ずマスターしましょう。

2:底歩をめがけて香を打つ

まずは攻めの手筋から。第5図をご覧ください。

第5図

相手が△31歩と底歩の手筋を使ってこちらの竜をバリアしていますね。このような局面では▲36香(第6図)と打つのが好手です。※34~39ならどこでもOKです。

第6図

後手は△33歩とでも打ちたいですが、二歩の反則になるため打てません

このように「相手が二歩を打てないことを見越して、底歩がある筋に香車を打つ手」はだいたい良い手になります。

後手が△42金と逃げても▲31竜△52金左▲32香成(第7図)と指せば先手の攻めが成功していますね。

第7図
ぺんぎん

底歩で竜をバリアされてるのって、実はすごくマズイ状態なんだ。だから子の手筋は大事だよ!

3:香の足し算

続いては香車を使った足し算の技を紹介します。第8図をご覧ください。

第8図

相手の陣地は銀が守っているので、飛車1枚では突破できませんね。そこで持ち駒の香車を足して攻めることを考えます。

ここでは▲17香(第9図)と打つのが正しい攻め方です。

第9図

これで次に▲13香成△同銀▲同飛成(第10図)とすれば、敵陣に竜を作って成功となります。

第10図

ポイントは飛車の上から香を足すこと。第8図で▲19香(失敗1図)と飛車の下から香を足してしまうと…

失敗1図

次に▲13飛成△同銀▲同香成(失敗2図)と攻めることになり、相手に飛車を渡してしまいます。第10図と比べると、明らかに損してますね。

失敗2図

相手の守り駒がいるところを香の足し算で攻めるときは、飛車の上から香を打ちましょう

攻めたい場所(この場合なら13の地点)に、自分の攻め駒のほうがたくさん「利いている」ことが大事です。香車だけで数が足りないときは、角や桂馬も足しましょう。

将棋の基本「数の攻め」を解説

ちなみに、香車を下から足したほうが良いケースもあります。以下の動画でくわしく解説しているので、ぜひご覧ください。

4:逃げ道をふさぐ香

続いては逃げ道をふさぐ香の手筋です。第11図で解説していきましょう。

第11図

第11図では▲13香(第12図)と、あえて相手の桂馬が利いているところに香車を打つのが好手です。

第12図

玉を逃げる場所はないので△13同桂と取るしかありませんが、そこで▲22金(第13図)と打てば、相手玉は詰みます。

第13図

▲13香と捨てる手が大事で、第11図でいきなり▲22金と打つと(第14図)、

第14図

△13玉(失敗3図)と逃げられて相手玉は詰みません。

失敗3図

22に打った金が自分の角をジャマしているので、13に逃げた相手の玉を取れないのです。

この手筋、問題として出題されたら「▲13香!」と正解できるけど、実戦だと▲22金と打ってしまう人が本当に多いです。端に香車を捨てて逃げ道をふさぐ手はよく出るので、逃さないようにしましょう。

まとめ

今回は香車を使った基本手筋を解説しました。

初心者や級位者の皆さまの実戦でも使える場面が必ずあるので、ぜひ役立ててくださいね。本記事の執筆に際して参考にした本をいくつか紹介して、おわります。

ABOUT ME
ぺんぎん
地方在住の将棋講師です。未就学児から80代まで、幅広い年代の方に将棋を指導してきた経験をもとに、初心者、級位者の棋力アップに役立つ情報をお届けします。