目指せ初段・実戦ワンポイント!~第11回~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第11回のテーマは、「突き違いの歩」です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについては、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

突き違いの歩で反発

前回、Jさん(将棋ウォーズ3級;後手番)の実戦を題材に、居飛車(嬉野流)対振り飛車の序盤戦を解説しました。


第1図(▲3五歩まで)


この局面で△3五同歩と取ると▲同銀以下攻め込まれて振り飛車が苦戦になる、という内容でした。

まだそちらを読んでいない方は、先に第10回(下の記事)を読んでから今回の講座を読んでいただければ幸いです。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第10回のテーマは[…]

第1図では、△4五歩(第2図)と突く手が振り飛車の反撃手段です。


第2図(△4五歩まで)


きゃべ夫
このように、相手が突いてきた横の筋の歩を突きだす手を「突き違いの歩」と言います。
第2図以下、先手にもいくつかの応手が考えられますが、今回は一例をご紹介します。
第2図以下の指し手
▲4五同銀△3五歩(第3図)

第3図(△3五歩まで)

▲4五同銀と4筋の歩を取らせてから△3五歩と取り返します。
こうすることで、先手の銀が3五→2四に出て攻めるルートが無くなっているのです。
前回解説した通り、振り飛車側としては、居飛車の銀を3五の地点に進出させないことが急所なので、それにも沿った手と言えます。
第3図は、次に△4四歩と打てば先手の銀の行き場所がありません。
そのため、先手としてはここでガンガン動く必要がある局面になっています。
第3図以下の指し手
▲3五同角△3二飛(第4図)

第4図(△3二飛まで)

攻めるとしたら▲3五同角のような手が考えられますが、そこで△3二飛(第4図)が振り飛車らしい一手。
相手の攻め駒がいる筋に飛車を回るのは振り飛車ではよく現れる手です。
この手は、ただ守っているだけではなくて、派手な狙いを秘めています。
仮に先手が何もしなければ△7七角成(変化1図)と突っ込む手があります。

変化1図(△7七角成まで)

銀将くん
ただやん!
7七の地点には先手の桂馬が利いています。
そのため、△7七角成はいっけんタダで角を捨てているだけの手に見えますが、これに対して▲7七同桂と応じた局面は後手の手番です。
そこで後手も△3五飛(変化2図)と角を取り返します。

変化2図(△3五飛まで)

こう進むと、駒の損得は無いものの、後手の飛車の方が攻めに働いています。
また、4五の銀取りを守るのも簡単ではなく、後手が有利な展開となります。
第4図以下の指し手①
▲3四歩△1五角(途中図)▲5八玉△3四銀(第5図)

途中図(△1五角まで)

第5図(△3四銀まで)

変化1図~2図のような展開を避けるため、先手は▲3四歩と打って3筋をおさえるような手段もありますが、△1五角が好手。
王手なので先手は何か対応するしかありません。
今回は▲5八玉としてみましたが、そこで後手の手番になるので△3四銀(第5図)と居飛車の歩を取って、振り飛車が指しやすそうです。
一方的に2~3筋を突破されてしまった前回とは大違いですね。
角道を止める、いわゆる「ノーマル振り飛車」は、このように相手の攻めに乗っかって反撃するのが基本的な指し方です。
第4図以下の指し手②
▲3八飛△1五角(途中図)▲4八銀△3七歩(第6図)

途中図(△1五角まで)

第6図(△3七歩まで)

後手の真似をして先手も3筋に飛車を回ろうと▲3八飛と指すと、これも△1五角(途中図)が激痛。
王手を受けるしかありませんが、△3七歩(第6図)がまた痛い。
▲同飛以外の手だと、△3五飛と角をタダで取られてしまいます。
かといって、▲3七同飛も△同角成以下、結局3五の先手の角は取られてしまいそうです。
嬉野流のような居玉での攻めに対して、振り飛車側が王手に角を飛び出す手は、級位者の方の将棋だと狙える機会は多いと思います。覚えておいて損の無い手でしょう。
今回の講座は以上です。
少し難しい内容だったかもしれませんが、「居飛車の攻めに乗っかって反撃する」振り飛車の指し方のコツが少しでも皆様の実戦に役立てば幸いです。

↓↓第12回アップしました!ぜひご覧下さい↓↓

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第12回のテーマは「実戦[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!