目指せ初段・実戦ワンポイント!~第12回~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第12回のテーマは「実戦でも現れる基本的な詰み」です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについては、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

居玉をとがめる

第1図はKさん(将棋ウォーズ4級;後手番)の実戦から。

先手が▲7四金と持ち駒の金を打った手に対して後手が△5七角成とした局面です。


第1図(△5七角成まで)


ここで先手は▲7三金(第2図)としました。


第2図(▲7三金まで)


後手番の第2図。

次の一手を考えてみましょう。

お分かりになった方も多いと思いますが、この局面は△4七桂(第3図)と打てば、後手玉は詰んでいます。


第3図(△4七桂まで)


 
扇子くん
周りにいっぱい金銀がいるように見えるのに一手で詰んでしまいましたね・・
 
きゃべ夫
居玉はこのように桂打ちの一手で詰んでしまうことも多いのです。
桂馬は他の駒と違い、遠くから相手の駒を攻められる特性があります。
それを活かして、1手で後手玉は詰んでしまいました。
このような詰まされ方が多いので、将棋には「居玉(元の位置に玉がいる状態のこと)は避けよ」という格言もあるのです。
第2図を「一手詰めの問題」として出題されれば、△4七桂を発見できる方は多いでしょう。
しかし、実戦では局面がめまぐるしく変化していくため、簡単な詰みがなかなか見えないことも多いのです。
Kさんも、△4七桂を逃し△6七馬(第4図)としました。

第4図(△6七馬まで)

第4図以下の指し手
▲6二金△同玉(第5図)

第5図(△6二同玉まで)

後手が一手詰めを逃し、今度は先手にチャンスが来ました。
▲6二金と金を取り、同玉と進んで第5図。
詰むか詰まないかという終盤ですが、先手の手番でどのように指しますか?
少し考えてみましょう。
実は先手にチャンスが訪れています。

頭金の形を目指す

第5図で先手は▲7三飛成(第6図)と王手をかけましたが、これはせっかく訪れたチャンスを逃してしまう一手でした。


第6図(▲7三飛成まで)


7三には味方の角が利いているため、竜を取られない安心感はありますが、第6図からは△5二玉▲6二金△4二玉(第7図)と進んで、後手玉が捕まりにくくなってしまいました。


第7図(△4二玉まで)


このように、取られても安心な王手を繰り返した結果、相手玉がかえって安全になってしまうというのは級位者の方の実戦に非常に多く見られます。

第7図も、正確に指せば先手がまだ勝ちではありますが、だいぶもたついてしまいます。

第5図では、▲7二飛成(第8図)と、1つ先に成るのが好手でした。


第8図(▲7二飛成まで)


△5一玉と逃げると▲5二金の頭金で詰みなので△7二同玉と取るしかありませんが、そこで▲7三銀(第9図)と打ちます。

ここまでくれば、詰みが見えてきた方もいらっしゃるでしょう。


第9図(▲7三銀まで)


△8一玉なら▲8二銀、△7一玉なら▲7二金、△6一玉なら▲6二金と、いずれも「頭金」の即詰みがあります。

頭金は、詰将棋だと一番最初に出てくる基本的な手筋ですが、実戦になるとなかなか見えないものです。

しかし、アマチュア初段を目指すのであれば、第5図のような局面での詰み(5手詰め)は確実に詰ましたいところです。

将棋の勉強として詰将棋を解いている方は多いと思いますが、実戦でも「詰将棋で出てきた手筋を使える部分が無いか?」を常に意識すると、相手玉を詰ませる確率は少しずつ上がっていくのではないかと思います。

基本的な詰め手筋を学びたい方は、浦野真彦先生のハンドブックシリーズがおすすめ。

私も、級位者時代にこの本を何周も解いて、基本的な詰み筋を学びました。

詰将棋はちょっと苦手で・・・という方は、本間博先生の「実戦詰め筋事典」を読んでみるのも良いでしょう。

詰将棋が苦手な方でも取り組みやすい「実戦でありそうな形」に絞った問題が収録されています。
今回は以上です。
次回は、ゴキゲン中飛車の最序盤をテーマに解説します。
ぜひあわせて読んでいただけると嬉しいです。
関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第13回のテーマは[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!