目指せ初段・実戦ワンポイント!~第13回:ゴキゲン中飛車の超序盤~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第13回のテーマは「ゴキゲン中飛車の超序盤」です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについては、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

飛車先交換は結構デカい

第1図はKさん(将棋ウォーズ4級;先手番)の実戦から。

Kさん
攻めるのが好きなので、最近ゴキゲン中飛車を始めてみました。
初手からの指し手
▲5六歩△8四歩▲5八飛△8五歩▲7六歩(第1図)

第1図(▲7六歩まで)


先手は初手から一直線に中飛車を目指し、後手の△8五歩に対して▲7六歩と角道を開きましたが、この手順は級位者の方にはあまりおすすめできません。

第1図からの指し手
△8六歩▲同歩△同飛▲7八金△7六飛(第2図)

第2図(△7六飛まで)


飛車先を交換され、横歩(7六の歩)を取られてしまいました。

第2図は、▲7七角などと応じればそこまで形勢を損ねるわけではありませんが、序盤から飛車先の歩を交換され、1歩損をする指し方はあまり得とは言えません。

級位者の方の将棋は、飛車先の歩交換(△8六歩▲同歩△同飛)を軽視しがちですが、飛車先交換を甘く見てはいけません

飛車先交換を行った側には、

  • 1歩を手持ちにできる
  • 自分の飛車が後手陣に直通する
  • 攻め駒をスムーズに進出させることができようになる

などのメリットが生じます。(飛車先交換3つの得あり、という言葉もあります)

将棋ソフトは飛車先交換をあまり高く評価していないようですが、人間のアマチュアが指す上では、そのメリットをしっかり認識しておくべきでしょう。

また、△7六飛と取られた第2図はそもそも1歩損です。

歩1枚くらい・・・と感じる方もいるかもしれませんが、将棋において純粋な1歩損は結構大きな損なのです。

先手としては、第1図で▲7八金(第3図)と指す方が良いでしょう。


第3図(▲7八金まで)


これなら、△8六歩▲同歩△同飛に▲8七歩(第4図)と打てば、横歩を取られることはありません。

第4図(▲8七歩まで)

第4図の局面はプロの公式戦にも現れたことがある局面です。
このように指して、もう少し自陣を整備(美濃囲いに囲うなど)してから▲7六歩と角道を開いて指していくイメージの方が、第2図のように進むよりは安定するでしょう。

飛車先を交換させない指し方

級位者の方には、そもそも飛車先交換を居飛車に許さない指し方をおすすめします。
初手からの指し手
▲5六歩△8四歩▲7六歩△8五歩▲7七角(第5図)

第5図(▲7七角まで)

初手▲5六歩に対し後手が△8四歩と突いてきた場合、そこで▲7六歩と角道を開くのがおすすめです。
これなら、飛車先を伸ばす△8五歩に対して▲7七角が間に合います。
▲7七角は、飛車先交換への備え(△8六歩▲同歩△同飛なら▲同角と飛車を取れる)で、将棋の基本的な手です。
もう少し補足すると、第5図で△3四歩なら▲5五歩(第6図)と突き、角交換を防いでから▲5八飛と中飛車に構えます。

第6図(▲5五歩まで)

ゴキゲン中飛車は、角道を開いたまま戦えるため、自分から攻める展開にもなりやすく、級位者の方からアマトップレベル~プロ棋士に至るまで使い手の多い有力な戦法です。
ただし、序盤から駒がぶつかる激しい変化も多いため、序盤の勉強が必要な戦法でもあります。
ゴキゲン中飛車を指してみよう、という方は以下の書籍がおすすめです。
いずれも本ブログで扱ったような最序盤から、中盤以降の戦い方のコツが記されています。

今回は以上です。
また次回もぜひ読んでいただけると嬉しいです。

↓↓第14回アップしました!ぜひご覧下さい↓↓

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第14回のテーマは[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!