目指せ初段・実戦ワンポイント!~第14回:ゴキ中は△5四歩に注意~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第14回のテーマは前回に続きゴキゲン中飛車。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについては、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

うっかりしやすい△5四歩

第1図はKさん(将棋ウォーズ4級;先手番)の実戦から。

先手のゴキゲン中飛車に対し後手が四間飛車+金無双囲いで対抗しており、第1図は先手が▲9六歩とした局面です。


第1図(▲9六歩まで)


何気ない局面のようですが、後手からちょっと変わった手がありました。

第1図からの指し手
△5四歩(第2図)

第2図(△5四歩まで)


こちらが位を取っている5筋の歩を、後手の方から突いてきたのです。

一見、タダに見えるこの歩。

先手のKさんはこれを取ってしまいました。

第2図からの指し手
▲5四同歩△8八角成(第3図)

第3図(△8八角成まで)

なんと、8八の角をタダで取られてしまい、一気に将棋が終わってしまいました。

これ、ゴキゲン中飛車を指し始めた方あるあるなんです。

△5四歩のように、駒をぶつけてくる手に対しては、駒がぶつかったところだけではなく、局面全体をよく見ましょう

そうすると、第3図のような悲劇を逃れることができます。

第2図の先手陣をもう一度見てみましょう。

8八の角に対して、先手のどの駒も利いていませんね。

このような状況を「角が浮いている」といい、技がかかりやすい状況なのです。

8八の角が浮いているからこそ、後手は△5四歩と5筋のフタをこじ開けにいっているわけです。

第1図の直前では、▲9六歩ではなく、▲7七角(第4図)の方が良いでしょう。

もっと言うと、▲6八銀よりも先に▲7七角とするほうが級位者の方にはおすすめです。


第4図(▲7七角まで)


これなら、同じように△5四歩ときても、以下▲同歩△7七角成に▲同銀(第5図)と取り返すことができます。
つまり、▲7七角は、自分の駒が利いているところに角を動かして、後手から角を交換されたときに取り返せるようにした一手なのです。
きゃべ夫
手の意味をしっかり考えると、棋力アップに繋がります!

第5図(▲7七同銀まで)

△5四歩をくらっても慌てない

ここまで観てきた通り、自分の角が浮いている局面では、なるべく△5四歩と突かれたくないのですが、それでもうっかり第2図のように△5四歩を突かれてしまうこともあるでしょう。
それでも、慌てなければ大事には至りません。

再掲第2図(△5四歩まで)


再掲第2図以下の指し手

▲5七銀△5五歩▲6六銀(第6図)


第6図(▲6六銀まで)

△5四歩をくらってしまっても、慌てずに▲5七銀~▲6六銀と指せば大丈夫。
この場合は、次に後手の5五の歩を取ることができ、歩損も解消できます。
今回の講座は以上です。
ゴキゲン中飛車に対する△5四歩は、知らないと第3図のような惨事になりかねません。
気を付けましょう。

↓↓第15回アップしました!ぜひご覧下さい↓↓

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第15回のテーマは[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!