目指せ初段・実戦ワンポイント!~第15回:無理っぽい桂跳ねを受ける~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第15回のテーマは、無理っぽい桂跳ねの受け方

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについては、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

端角+桂の威力

第1図はJさん(将棋ウォーズ2級;先手番)の実戦から。

先手のJさんの四間飛車に後手が三間飛車から桂馬をぴょんぴょんと飛んできた局面です。


第1図(△4五桂まで)


この局面は、級位者と有段者では受ける印象が大きく異なる局面です。

一目で「これ無理でしょ」と感じるようになれば有段者の感覚に近づいていると言えます。

この手はいわゆる「無理攻め」なのですが、級位者の方には結構怖く見える攻めです。

まずは、実戦の進行を見てみましょう。

第1図からの指し手
▲3九玉△3六歩▲同歩△5七桂成(第2図)

第2図(△5七桂成まで)


第1図で指した▲3九玉が悪手

先手玉は、後手の角・桂が狙っている5七の地点を守っている守備駒でもあったわけです。

それを3九に動かしてしまったので、△3六歩~△5七桂成と5筋を食い破られてしまいました。

飛車・金の両取りなので▲同金と取りましたが、△同角成(第3図)まで進み、駒損に加え馬まで作られてしまい、先手が敗勢になってしまいました


第3図(△5七同角成まで)

Jさん(2級)
なんでこんなことに・・・!
きゃべ夫
三間飛車+端角(1三角)からの攻めは攻撃力が高く、正しく受けないと簡単につぶされてしまいます。

桂馬の高飛び歩の餌食

それでは、第1図ではどう指すべきだったのでしょうか。

第1図のように、桂馬を単独で跳ねてくるような手に対しては、まずは「その桂馬を取ることができないか?」を考えると良いでしょう。

つまり、第1図では▲4六歩(第4図)と桂馬を取りに行く手があります。


第4図(▲4六歩まで)


第4図をよく見てみましょう。
後手の桂馬は先手陣の3七・5七の地点に動けますが、いずれも先手の駒で取り返せます。
また、この▲4六歩を後手の駒で取り返すこともできません。
つまり、第4図は後手の桂馬が確実に取れる局面なのです。
このように、桂馬を跳ねてくる手は歩を突くだけで取れるような局面も多く、「桂馬の高飛び歩の餌食」という格言もあります。
第4図では、△3七桂成と先手陣を乱してくるでしょうが、強く▲同玉(第5図)と取って先手良しです。

第5図(▲3七同玉まで)

だいたい、後手は△3六歩と暴れてきますが、▲4七玉とかわしておけばそれ以上後手からの攻めは続きません
後手からの攻めが続かないのであれば、一方的に桂馬を頂戴した先手が有利になるというわけです。
1つだけ気を付けるべきなのは、△4六角」と1三にいる後手の角で4六の歩を取られないようにすることです。

扇子くん
第5図のようになってから、どう指せばいいか分からないんですけど・・・
そういう方は、例えば下のイメージ図のような姿を目指しましょう。
先手は▲2六歩~▲2七銀~▲3六歩と、後手の攻めの拠点だった3六の歩を除去しにいきます。
そして、その後▲3五歩とフタをして後手の飛車角を動きを押さえてしまえば、後手からは何もできずに完勝模様です。

イメージ図


今回は以上です。
第1図のような「有段者目線では無理そうな桂跳ね」は、級位者の将棋に非常によく現れます。
しかし、棋士が書いている本や、将棋が強い人の自戦解説には、こういう「いかにもダメそうな攻め」は基本的に登場しないので、なかなか対処法が分からないものです。
少しでも皆様の棋力向上に役立てば幸いです。

↓↓第16回アップしました!ぜひご覧下さい↓↓

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第16回のテーマは[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!