目指せ初段・実戦ワンポイント!~第18回:飛車のぶっつけに注意~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第18回のテーマは、飛車のぶっつけ。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについては、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

確実な攻め

早速、今回のテーマ図を見ていきましょう。

第1図はJさん(将棋ウォーズ2級;後手)の実戦から。

先手の三間飛車に対し、後手が棒銀で対抗。

後手は攻めの銀を取られてしまいましたが、その代償として8筋にと金を作ったという局面です。


第1図(▲3八玉まで)


まずは、この局面の形勢(どちらが有利なのか?)を少し考えてみましょう。

この局面は後手の居飛車側が有利です。

駒の損得を見ると先手が銀を1枚得している局面ですが、後手もいずれ8九の桂馬や9九の香車が取れそうです。

そうすると駒の損得は解消されます。(むしろ、桂馬・香車の両方が取れれば後手が駒得になります)

また、第1図では、8七のと金がどけば、後手の飛車が先手陣に成り込めそうな形です。

一方、先手の飛車は今のところ後手陣に侵入できそうにありません。

つまり、第1図は後手の飛車の方がよく働いている駒なのです。

第1図は飛車の働きの差も形勢の差に繋がっている局面だ、という点は後で大事になりますのでご認識下さい。

それでは、実戦の進行を見ていきましょう。

第1図以下の指し手

△8八と▲7七桂△8七飛成(第2図)


第2図(△8七飛成まで)


自然に攻めこんだようですが、少し攻めが空ぶっているように見えませんか?
取りたかった8九の桂馬に逃げられてしまいましたし、8七に飛車を成った手にあまり迫力がありません。
できれば、△9九と、のように香車をどかした後に、△8八飛成や△8九飛成など、敵陣深くに飛車を成り込みたい局面です。
第1図では、△8八歩(変化図)の方が勝るでしょう。

変化1図(△8八歩まで)

これなら、△7七桂と逃げても△同と、とできるので確実に桂馬を取ることができます。
将棋では、この△8八歩のようなたぐいの手を「確実な手」とか「実利を重視した手」などと表現します。

飛車のぶっつけ

今日の主題です。
実戦は、第2図からの先手の対応が上手でした。

第2図以下の指し手

▲5八金左△9九と▲8五飛(第3図)


第3図(▲8五飛まで)

一度▲5八金左と陣形を引き締めたのが好手。

そして、△9九と、と香車を拾った局面で▲8五飛(第3図)が狙いすましたカウンター

この1手で後手は参っています。

例えば、△9八竜と逃げると▲8一飛成で一気に先手が優勢になります。

仕方がないので△8五同竜と飛車を取るしかありませんが、▲同桂と取られて第4図。


第4図(▲8五同桂まで)


第4図と、元の第1図を見比べて下さい。
第1図で、後手が得しているポイントとして挙げていた「飛車の働きの差」が、飛車交換を行ったことで無くなっています
先手の▲8五飛(第3図)は、飛車交換を強要することで、飛車の働きの差を解消することが狙いの手だったのです。
このような手は、居飛車VS振り飛車の対抗形ではよく現れます。
特に、形勢が苦しい側の打開策として有効なことが多いので、ぜひ頭の片隅にとめておいていただければ幸いです。
Advance
最後に1つ補足します。
後手は△8七飛成(第2図)とした手がイマイチでした。
そこで、△8七飛成に代えて先に△9九と(変化2図)としてみてはいかがでしょうか。

変化2図(△9九とまで)


これで仮に先手が本譜と同じように飛車をぶつけると・・・

変化2図以下の指し手

▲8五飛△同飛▲同桂△8八飛(変化3図)


変化3図(△8八飛まで)


第4図と変化3図は、△8七飛成を△9九とに代えただけなのに全然景色が違いますね。
変化3図は、王手で飛車を先着できた後手が指しやすい形勢です。
なぜここまでの違いが生じたのでしょうか。
よく考えてみてください。

先手が飛車交換を狙ってくるのであれば、後手の飛車は8二にいても8七にいても変わりません。(先手がぶつけてきた飛車を取るだけ)

つまり、飛車を8二から8七に移動して成った手は無駄な1手になってしまったわけです。

後手が無駄に1手を消費したのに対し、先手は▲5八金左の1手を無条件で指すことができた計算になるので、このやり取りは先手が大得なのです。

これが第4図と変化3図の違いです。

手の損得は難しい話なので、級位者のうちはまだ理解しきれてなくても構いません。

将棋の勉強を進めた後に、いつかまた見返していただければ幸いです。

今回は以上です。
飛車のぶっつけは応用範囲が広いので、ぜひ実戦で思い出して活用してみて下さい。
次回↓もぜひ読んで下さい!
関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第19回のテーマは[…]

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!