目指せ初段・実戦ワンポイント!~第19回:めんどくさい手を回避~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第19回のテーマは、「めんどくさい手」の回避です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについては、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

めんどくさい手とは

早速、今回のテーマ図を見ていきましょう。

第1図はJさん(将棋ウォーズ2級;後手)の実戦から。


第1図(▲6一角まで)


後手が一方的に馬を作っており、4六の歩も拠点として活躍しそう(どこかで4七に駒を打ち込む展開になりそう)で、後手が指しやすい形勢です。

ただ、先手の▲6一角も、対応を誤ると面倒なことになります。

先手の立場で、「後手に指されると面倒な手(できれば防ぎたい手)」を考えてみましょう。

指されると「めんどくさい手」は、▲3四角成(変化1図)です。


変化1図(▲3四角成まで)


この手を指されると、後手は3三の桂の対処を考える必要が生じたり、▲4四歩のように4筋を歩で遮断する手が生じたりと「めんどくさい」ことになってしまいます。

馬の守備力は高く、できれば先手の▲3四角成は防ぎたい局面なのです。

将棋は2人で行うゲームなので、相手も色々な手を狙って指してきます。

自分側から指したい手を考えるだけではなく、相手が指したい手を考えて、それを回避するのも将棋の重要なスキルの1つです。

ということで、第1図では△3五馬(第2図)と引いてみたいです。


第2図(△3五馬まで)


これで3四の地点に馬を利かせて▲3四角成を防ぐのが良い指し方。
次に△6二金引(変化2図)とすれば、先手が6一に打った角を取ることができます。

変化2図(△6二金引まで)

アマ初段を目指す方は、△3五馬と引いたときに、この△6二金引くらいまでは読んでおきたいところです。
なお、△3五馬(第2図)に対して、▲3六歩と打ってくる手もありますが、これには△4四馬(第3図)と引くのが冷静で、やはり次に△6二金引が残ります。

第3図(△4四馬まで)

なお、▲3六歩を△同馬と取ると、めんどくさい▲3四角成を指されてしまうので注意しましょう。
指させたくない手は一貫して回避するのが大切です。

斬り合いよりは手堅い手を

なお、第1図からの実戦の進行を参考までに掲載します。

第1図以下の指し手(実戦)

△4五桂▲3四角成△3七桂成▲同銀△4七歩成(第4図)


第4図(△4七歩成まで)

本譜は後手のJさんが斬り合いにいきました。

これでも後手が攻め切れそうな感じはしますが、お互いの駒がたくさん当たっていたり、3四に作られた馬の存在も大きく、ミスをする可能性が高まっている局面です

第4図のように踏み込んで勝つには相当な読みの量が必要で、級位者の方にはもちろん、有段者の方にもおすすめできません。

相手の狙いを消して、手堅く勝ちに行く手を覚えましょう。

アマチュア有段者の中でも、特に強いレベル(アマチュア五段~)の将棋はとにかく手堅いです。

今回の第1図の△3五馬のような手をまず逃しません。

今回は以上です。
級位者の方の将棋では、敵陣に打ったばかりの大駒が取られるケースが頻繁にあります。
自分が敵陣に打った大駒がすぐに取られる手が無いか、相手が自陣に打った大駒をすぐに取れる手が無いか、を意識すると棋力アップに繋がるでしょう。
それでは、また次回もよろしくお願いいたします。

↓↓第20回アップしました!ぜひご覧下さい↓↓

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第20回は「ゴキゲ[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!