目指せ初段・実戦ワンポイント!~第2回~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第2回の今回は、駒の価値に関するお話です。

実戦でもついやってしまいがちな「損な取引」の例と、それを避けるポイントをご紹介します。

なお、本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについては、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

ポイント:同じ駒でも価値は違う!

Kさん(先手番)の実戦より。

第1回の記事で紹介した将棋の続きです。


第1図(△5二飛まで)


振り飛車が、一方的に”と金”を作り、8筋を突破できていて優勢になっている局面です。

しかし、Kさんのここからの指し手がちょっともったいなかったです。

(第1図からの指し手)

▲8一飛成 △6四銀 ▲7二竜 △同飛 ▲同と(第2図)


第2図(▲7二同とまで)


途中の▲7二竜が悪手でした

大活躍していた自分の竜と、働いていない相手の飛車との交換で、これは非常に損な取引です。

お互いの駒を取り合うことを、将棋では「交換」と言います。

将棋の駒の価値はそれぞれ違いますので、なるべく自分が得になるような交換をすることが、局面をリードするためのポイントです。

駒の損得を考えるときに、「飛車」と「歩」の交換であれば、「飛車」の方が価値が高いことは、ほとんどの方がお分かりでしょう。

では、同じ「飛車」と「飛車」であれば損得は無しなのでしょうか?

答えはNOです。

同じ飛車でも、先手の飛車は相手の陣地に入り込んで「竜」になり、相手の駒を色々と取ってこれからも活躍しそうな駒です。

一方、後手の飛車は自陣に眠っており、攻めにも守りにも働いていません。(こういう状態を「飛車がニート」と言ったりします)

つまり、第1図は、同じ飛車でも価値が全然違う局面だったのです。

第1図と第2図をよく見比べてください。

第1図では、後手の飛車は攻めにも守りにもあまり働いていない駒でした。

それが、第2図では、持ち駒として、好きなときに好きな場所に打てるようになっています

これは後手が相当に得をした取引なのです。

同じ駒どうしであれば、自分が駒損をすることは無いから交換してもいいかな・・・、と何気なく相手の駒を取っていませんか?

単純に「駒の種類の比較」だけで考えず、その駒がどのくらい働いているか交換した後に自陣に打ち込んで攻められても大丈夫か、ということを考えながら指すと、上達に一歩近づくのではないかと思います。

それでは、第1図ではどのように指すべきだったのでしょうか?

それは第3回の講座で解説します。ヒントは「と金」の活用。

ぜひ、次回(↓)もあわせてご覧下さい。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第3回のテーマは、[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!