目指せ初段・実戦ワンポイント!~第21回:金で弾かれる手に注意!~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第21回のテーマは「金で弾かれる手に注意!」です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

手損してしまう攻め方

今回は、Kさん(将棋ウォーズ4級;先手番)の実戦から。

先手が駒得&一方的に竜を作っており、また玉の守りも先手の方が固く、先手のKさんが優勢な局面です。


第1図(△3三銀まで)


ところが、第1図からの手順は損をしてしまいました。

第1図以下の指し手

▲6三金△同金▲同竜△6二金(第2図)


第2図(△6二金まで)


Kさんは▲6三金と攻めていきましたが、金を交換した後に△6二金と受けられました。

第2図以下の指し手

▲7四竜(第3図)


第3図(▲7四竜まで)


△6二金は竜取り(放置すると△6三金と竜を取られてしまう)なので、Kさんは▲7四竜と逃げました。
何か気づきませんか?
第3図は、最初の第1図と同じ局面に戻っています。
しかし、第1図は先手番、第3図は後手番。
つまり、局面は同じなのに手番が先手から後手に移ってしまっているのです。
これは純粋な手損で、将棋では絶対にやってはいけないことです。
第3図では、▲7四竜と引くと元の第1図に戻ってしまい損なので、理屈としては「何か別の手」を指さなければいけないのです。
また、その「何か別の手」が無いのならば、そもそも第1図で▲6三金と攻めてはいけないのです。

手厚い攻め方

第1図で、▲6三金に代わる手段を考えてみましょう。

オススメは▲6四歩(第4図)。


第4図(▲6四歩まで)


これは次に、▲6三金と打つのではなく、▲6三歩成と、と金を作る手を狙っています。
金を打つよりも1手遅い攻め方ですが、先手玉には全く後手の駒が迫ってきていないため、十分に間に合います。
また、次に▲6三歩成△同金▲同竜と進めば、第2図と同じような局面ですが、後手に金を渡さなくて済むため、第2図より明らかに勝ります。
後手としては、6三の地点を受ける△5二玉くらいしか手がありません。

第5図(△5二玉まで)

▲6三歩成は△同金で失敗です(玉が利いているため、金を取り返せない)。
ところが、第5図で▲6三金(第6図)と打てば、第1図ですぐに▲6三金と打つのと比べてだいぶ先手の攻めが手厚くなります。

第6図(▲6三金まで)


第6図で△6三同金なら▲同歩成(第7図)、△4二玉なら▲6二金△同飛▲6三歩成(第8図)として、いずれも先手は、と金を作ることができます。

第7図(▲6三同歩成まで)


第8図(▲6三歩成まで)


第3図と、第7図・第8図を見比べてみて下さい。
攻め方を少し工夫するだけで、成果は大きく変わります。

なお、第1図では、▲8三金(参考図)と打つ攻め方もあります。


参考図(▲8三金まで)


▲8三金は8二の飛車取りです。
飛車を逃げると、▲8四竜と後手の銀を取って駒得を拡大できます。

これも立派な攻め方ですが、と金を作って手厚い攻めを目指す▲6四歩の方が将棋の筋としては良い手でしょう。

今回は以上です。

Kさんが第1図で指した▲6三金のような手を実戦で指してしまう方は多いと思います。

しかし、金を攻撃に使うと、第2図のように相手はそこで得た金をまた自陣に埋めて守ってくるものです。

▲6四歩のように、コスパの良い「と金つくり」を目指す攻め方を身に付けましょう。

↓↓第22回アップしました!ぜひご覧下さい↓↓

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第22回のテーマは[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!