目指せ初段・実戦ワンポイント!~第22回:ノーマル振り飛車は角道を開けない~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第22回のテーマは「ノーマル振り飛車は角道を開けない」です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

ありがちな▲6五歩

今回は、Jさん(将棋ウォーズ2級;先手番)の実戦から。


第1図(▲6五歩まで)


先手の構えは四間飛車。

2010年代に、振り飛車側から角交換を行う「角交換四間飛車」がメジャーな戦法になったことから、第1図のような従来型の四間飛車は「ノーマル振り飛車」と呼ばれるようになりました。

銀が8八にいるのが変わっていますが、おそらくタップミス(本当は7八に上がるところでだった)でしょう。

ところで、第1図は四間飛車に先手が▲6五歩と角道を開いたところです。

この手は、囲い方を覚えて、将棋をある程度指せるようになってきた方がよく指す手ですが、このタイミングではマズい手でした。

第1図以下の指し手(仮)

△7七角成▲同銀△2八角(第2図)


第2図(△2八角まで)


角交換から△2八角と打たれると、単純な香取りが受かりません。

本講座でも何度も登場している「序盤の角交換に気を付けましょう」の一例です。

第2図では、先手の香損が確定しています。

しかし、その代償となるようなポイントを先手が挙げる(何か後手の駒を取る、と金をつくるなど)ことができません。

以前にも別の回で少しお話したことがありますが、ノーマル振り飛車は基本的には「待ちの戦法」です。

居飛車側が攻めてきた手に乗っかって反撃する、受け身のような指し方が求められる戦法で、自分から先攻することは基本的にありません

しかし、ある程度将棋の手筋(駒の上手な使い方)を覚えて将棋が指せるようになると、自分から先に攻めてみたい気持ちが強まります

先に攻めたいけれども、覚えている戦法は四間飛車だけ。

そういう方が非常に多いので、第1図の▲6五歩のような手がよく現れるのです。

きゃべ夫
私も、級位者の頃は同じような手を指していました
「攻めの形を覚えて自分から攻めたくなっている」こと自体はとても良いことで、有段者に向けて着実にステップアップしている途上です。
そのような方には「戦法の幅を広げる」ことをオススメします。

“次に”指すオススメ戦法

第1図の▲6五歩を指したことがある方にオススメしたいのは、三間飛車石田流とゴキゲン中飛車。
いずれも、自分からガンガン先攻できる戦法で、自分から攻めたい方にぴったりです。
級位者の方にも内容が分かりやすい棋書をいくつかご紹介するので、参考にしてください。
三間飛車石田流のオススメ棋書

次の一手形式で、級位者の方にも読み進めやすい本です。
石田流の組み方・攻め方の基本を身に付けることができます。

ミスター石田流(私が勝手にそう呼んでいるだけです)の戸辺誠七段の著作。
上の「ひと目の石田流」と比べると若干内容は難しくなりますが、「戸辺攻め」と言われるガンガン攻める石田流のエッセンスが詰まっています。
実戦で技が決まると本当に痛快で、やみつきになります。
ゴキゲン中飛車のオススメ棋書

当ブログで何度も紹介している、鈴木大介九段の著作。
ゴキゲン中飛車の狙い筋が分かりやすくまとめられています。

なお、石田流は先手番でよく指され、ゴキゲン中飛車は後手番でよく指される戦法です。

つまり、この2つの戦法を身に付ければ先手・後手どちらでも自分の得意戦法で戦えるようになります。
トップ棋士の久保利明先生も、一時期、先手なら早石田、後手ならゴキゲン中飛車をローテーションしている時期がありました。
なお、今回ご紹介した第1図で、後手は第2図のように進めませんでした。
参考までに実戦の手順を示します。
第1図以下の指し手(本譜)

△4四歩▲6四歩△同歩▲同飛(第3図)


第3図(▲6四同飛まで)


後手の方は△4四歩と角道を止めました。
持久戦を目指すなら考えられる手ではありますが、6筋の歩を交換して先手が指しやすい形勢です。
歩を交換すると、自分の飛車が相手陣に直射するようになったり、歩を手持ちにして好きなとき・好きな場所に使えるようになったり、味方の攻め駒がスムーズに前進できるようになったりと、メリットが多いのです。
居飛車側は「簡単に振り飛車の飛車先の歩を切らせないようにする」ことを意識しましょう。
今回は以上です。

自分から攻めたいけど四間飛車しか覚えていない、という方は、ぜひ石田流とゴキゲン中飛車にチャレンジすることをオススメします。

攻める展開になりやすく、きっと将棋がもっと楽しくなることでしょう。

↓↓第23回アップしました!ぜひご覧下さい↓↓

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第23回のテーマは[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!