目指せ初段・実戦ワンポイント!~第23回:飛車先の受け止め方~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第23回のテーマは「飛車先の受け止め方」です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

▲7八金で受け止める

今回は、Jさん(将棋ウォーズ2級;後手番)の実戦から。

先手の四間飛車に、Jさんが6筋から速攻を仕掛けた局面です。


第1図(△6五歩まで)


第1図以下の指し手

▲6五同歩△7七角成▲同桂△8六歩(途中図)▲同歩△同飛▲8八歩△8七歩(第2図)

途中図(△8六歩まで)


第2図(△8七歩まで)


飛車先を突破するお手本のような手順で、Jさんが一気に優位を築きました。

これで、8筋が突破できる形になりました。

第2図以下の指し手

▲8七同歩△同飛成▲6六角△3三桂(第3図)


第3図(△3三桂まで)


先手は▲6六角と打って、1一の香車を狙いましたが、△3三桂と角筋を遮断して受かっています。
第1図で先手の方が指した▲6五同歩が素直すぎる対応で、あまりよくありませんでした。
代案を考えてみましょう。
例えば、▲7八金(第4図)のような手は考えられます。

第4図(▲7八金まで)


これは、将来、後手に8筋から攻められる手に備えた手です。
第4図以下の指し手
△6六歩▲同銀(第5図)
第5図(▲6六同銀まで)
第2図と比べると、先手陣が安定しているように見えませんか?
例えば、後手が第1図~第2図と同じように飛車先突破を狙ってきたとしましょう。
第5図以下の指し手
△6五歩▲同銀△同銀▲同飛(第6図)

第6図(▲6五同飛まで)

第5図から、後手は銀の交換を狙ってきました。

しかし、第6図まで進むと先手の飛車の方がよく働いている感じです。(駒がさばけている、と言います)
第6図以下の指し手
△7七角成▲同桂△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩(第7図)

第7図(▲8七歩まで)


▲7八金と上がっている効果で、後手は飛車を成り込むことができません
後手が飛車を逃げれば、▲6一飛成と竜を作っておけば先手が指せる形勢でしょう。

今回は以上です。

左側の金は、5八に寄せて「本美濃囲い」に組むだけではなく、今回の▲7八金のように左側に動かすような指し方もあるのだということは、覚えておくと役立つ場面があるでしょう。
次回は、本連載初となる相居飛車の将棋を扱います。
テーマは角換わり棒銀の基本的な攻防。
次回をアップしました!ぜひご覧ください↓↓
関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第24回のテーマは「角換[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!