目指せ初段・実戦ワンポイント!~第24回:棒銀の攻防~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第24回のテーマは「角換わり棒銀の攻防」です。

本連載で初めて、居飛車の将棋をテーマに解説しています。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

端は銀で攻める

今回は、Yさん(将棋ウォーズ1級;後手番)の実戦から。

角を交換する「角換わり」とよばれる戦型で、後手が棒銀で端を攻めた局面です。


第1図(△9五歩まで)


きゃべ夫
第1図の後手のように、飛車の先からまっすぐ銀が進出する戦法を「棒銀」と言います。

第1図以下の指し手

▲9五同歩△同銀(第2図)


第2図(△9五同銀まで)


△9五同銀が大事な一手。

ここで△9五同香と指してしまうと、▲9七歩(変化図)と受けられたときに攻めがとまってしまいます。


変化図(▲9七歩まで)


銀と香の交換で損なようでも、勢いよく銀で進んでいくのが棒銀の基本です。

第2図以下の指し手

▲9五同香△同香▲9七歩(第3図)


第3図(▲9七歩まで)


後手は銀と香の交換で駒損となりましたが、9筋を攻め込んでいます。
先手が▲9七歩と打った第3図がまたポイントの局面です。
後手の手番でどのように指すのが良いでしょうか。
第3図以下の指し手

△9八歩(第4図)


第4図(▲7八金まで)


後手のYさんは△9八歩と垂らしました。
これが棒銀の攻めの手筋です。
次に△9九歩成とすればと金を作ることができます。
後手は▲8八銀(第5図)として9九の地点を守りました。

第5図(▲8八銀まで)


第5図以下の指し手
△8六歩▲同歩△同飛▲7五角(第6図)

第6図(▲7五角まで)

後手は8筋を交換して好調に見えますが、▲7五角(第6図)が返し技。

8六の飛車取りと、▲5三角成の両狙いで後手が困ってしまいました。

いい感じで攻めていただけに惜しいところです。

後手としては、第5図で△9一香(第7図)と打つのが良い攻め方です。


第7図(△9一香まで)


一見、何を狙っているのか分かりにくい手ですが、もしも先手が何もしなければ△9九歩成▲同銀△9七香不成(第8図)と攻めます。


第8図(△9七香不成まで)


最後の△9七香不成が大事なところで、成らずで入ることで9九の銀取りとなり、攻めが厳しくなります。

このように、香車・桂馬は成らずで敵陣に侵入した方が良いケースがあることは覚えておくと良いでしょう。

Advance

ただし、第8図のように攻めたとしても、どこかで▲7五角のように両取りで切り返す手が生じてしまいます。

後手は、5三の地点が弱いまま攻めてしまっているので、常に反撃を気にしないといけなくなっているのです。

そこで、9筋を攻め込む前に1手、△4二玉(参考図)のような手が指せるようになれば初段目前です。


参考図(△4二玉まで)


こうすれば、玉で5三の地点を守ることができますし、場合によっては△3一玉~△2二玉のように玉を深く囲うこともできます。

今回は、棒銀で9筋を攻める場合の基本的な攻防をご紹介しました。

角換わりだけではなく、色々な戦型の棒銀に応用できる基本手筋なので、ぜひ覚えて実戦にお役立て下さい。

次回(第25回)は、今回と同じく居飛車系の戦法である「相掛かり」の基本的な定跡を解説します。

↓↓第25回をアップしました!↓↓

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第25回のテーマは「相掛[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!