目指せ初段・実戦ワンポイント!~第25回:相掛かりの超基本~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第25回のテーマは「相掛かりの超基本」です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

相掛かりの基本

今回は、Jさん(将棋ウォーズ2級;先手番)の実戦から。

お互いが飛車先の歩を突き合う「相掛かり」と呼ばれる戦法ですが、Jさんの▲2四歩は指してはいけない手です

相掛かりの一番基本的な手なので、詳しく解説していきます。


第1図(▲2四歩まで)


まずは、実戦の進行を見てみましょう。

第1図以下の指し手(実戦)

△8六歩▲2三歩成△8七歩成▲2二と(第2図)


第2図(▲2二とまで)


お互い一歩も引かずにパンチを繰り出しましたが、第2図まで進むと先手が良さそうです。

先手と後手が全く同じように手を進めてしまうと、先に攻め込める分、先手が良くなるというのはイメージ的にもお分かりいただけるかと思います。

ただし、こう都合よくは進みません。

定跡手順を見てみましょう。

第1図以下の指し手(定跡)

△2四同歩▲同飛△8六歩(第3図)


第3図(△8六歩まで)


▲2四歩に対して、後手は△同歩と取るのが正しい対応です。

先に後手が一歩を手持ちにできるのですが、これが後から活きてきます。

▲2四同飛と取り返した手に対し△8六歩と突くのが定跡。

この後の進行も少し細かく見ていきましょう。

第3図以下の進行①

▲8六同歩△8七歩(第4図)


第4図(△8七歩まで)


素直に▲8六同歩と取ると、第4図のように△8七歩と打って後手が有利になります。

先手から仕掛けたはずなのに、後手からの角取り(△8七歩)が先に入っている点がポイント。

これでは、先に攻めた意味がなく、先手が失敗ですね。

第3図以下の指し手②

▲2三歩△8七歩成▲2二歩成△同銀(第5図)


第5図(△2二同銀まで)


それなら、自分から先に角を取ってしまおう!ということで先手が▲2三歩と先に打つ手も考えられます。
これに対しては、手順中の△2二同銀がポイント。
焦って△8八と、と取ると、先ほどの「全く同じ攻め方をすると先手の攻めの方が早い」パターンにハマり先手が良くなります。
冷静に△2二同銀と応じた第5図は、実は後手が指しやすいのです。
第5図は、
  • 後手が歩を2枚得している(第5図は、先手が角を1枚得していますが、後手も角を取り返せる形です)
  • 後手から角を打って攻める手がある(先手が何もしなければ「△3五角」と、飛車・歩の両取りに角を打つなど)

など、後手の方に良い要素が多い局面なのです。

ここまで長々と解説してきましたが、結論としては第1図で▲2四歩と仕掛ける手は成立しないということです。

第2図のようにパンチを繰り出し合えば先手が良くなりますが、後手が正しく対応して第3図まで進むと、先手が不利に陥ります。

理屈っぽくて難しく感じるかもしれませんが、将棋の基本的な定跡なので、初段を目指す方は必ず身に付けましょう。

先手は、第1図の▲2四歩に代えて、▲7八金(第6図)と指すのが定跡です。


第6図(▲7八金まで)


これは、角の弱点である「頭」(8七の地点)に金を利かせることで8筋を守ろうという一手です。
ここで後手が△8六歩と突くと、上で説明した手順をそのままひっくり返せばよく、先手が有利になります。
したがって、後手も△3二金(第7図)とするのが定跡手順になっています。

第7図(△3二金まで)


第7図からは▲2四歩と突いたり、▲3八銀と上がる手が指されており、いずれも1局の将棋になります。
 

今回は「相掛かり」の基本的な定跡手順を解説しました。

相掛かりは他の戦法と比べると定跡が整備されておらず、アマチュアが指すこなすのが難しい戦法の1つです。

本格的に相掛かりを指してみたい方は、プロ棋士が書いた定跡書を読んでみるのも良いでしょう。

オススメは、相掛かりを得意としている中座真先生の「よくわかる相掛かり」です。

本記事で紹介したような最も基本的な定跡から、駒組み~戦い方まで、相掛かりの基礎が網羅されています。

今回は以上です。

次回は、戦法をガラっと変えて角交換振り飛車でよく見られる「逆棒銀」をテーマに扱います。ぜひ読んで下さい!

↓↓第26回をアップしました!↓↓

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第26回のテーマは「角交[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!