目指せ初段・実戦ワンポイント!~第27回:角交換振り飛車・逆棒銀②~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第27回のテーマは、前回に引き続き「角交換振り飛車の逆棒銀」です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

また、第26回をまだお読みでない方は、先にそちらから読んでいただくと、より理解が深まるかと思います。

第26回「角交換振り飛車の逆棒銀①」

逆棒銀への対応

前回の講座でもご説明しましたが、第1図のように振り飛車側から棒銀を繰り出す攻めを「逆棒銀」と呼びます。


第1図(▲8六同銀まで)


前回は、第1図から△7九角(参考図)と打ちましたが、▲8七飛と対応されてあまりうまくいきませんでした。


参考図(△7九角まで)


そこで、今回は第1図で別の手段を考えてみたいと思います。

第1図以下の指し手②

△6九角(第2図)


第2図(△6九角まで)


1つ筋をずらして△6九角と打ってみる手を考えます。

後手としては、△7九角よりもこちらの方が有力そうです。

△6九角は、ぼんやりしているようで次に厳しい狙いを秘めています。

仮に先手が何もしてこなかった場合は、△8七歩▲6八飛△8六飛(第3図)と進めます。


第3図(△8六飛まで)


これは先手が失敗。

▲6九飛と角をボロッと取れますが、△8八歩成と、と金を作られます。

飛車先を破られて、と金や竜を作られると、角銀交換の駒得くらいでは割に合わないのです。

第2図ではどのように指せばよいのでしょうか。

第2図では、△8七歩を直接防ぐのは難しそうです。

そこで、飛車が横に動いても8六の銀を取られないようにするのが良い考え方になるでしょう。

ということで、第2図では▲8五歩(第4図)と打ちます。


第4図(▲8五歩まで)


これなら、△8七歩と打たれても、安心して▲6八飛と逃げることができますね。(8五の歩がフタをしているので銀を取られない)

このように、△6九角は振り飛車が正しく対応すると不発に終わる手です。
しかし、級位者の方同士の将棋や持ち時間の短い将棋だと、どのように対応すれば良いか分からずに技が決まるケースもあるので、覚えておくと良い手でしょう。
今回は、第1図で居飛車が△6九角と打つ変化を調べてみました。
第26回で解説した△7九角よりは良さそうですが、それでも振り飛車が正しく対応するとあまりうまくいかなさそうということが分かりました。
そこで、次回は第1図でまた別の手段を考えていきたいと思います。
次回もぜひご覧ください。
また、角交換振り飛車について詳しく学びたい方は、藤井猛九段の「角交換四間飛車を指しこなす本」がオススメです。
次の一手形式で非常に分かりやすくまとめられています。
角交換振り飛車を指してみたい方には、ぜひお手元に置いていただきたい1冊です。

それではまた次回、よろしくお願いいたします。

↓↓第28回アップしました!ぜひご覧下さい↓↓

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第28回は、「角交[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!