目指せ初段・実戦ワンポイント!~第29回:矢倉の棒銀戦法~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第29回は「矢倉戦法における棒銀の指し方」です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

基本は端からの攻め

第1図は、Jさん(将棋ウォーズ2級)と私の対局から。

戦型は、お互いが矢倉に囲う「相矢倉」と呼ばれる形で、先手のJさんが飛車の先に銀を繰り出す「棒銀戦法」を採用しています。


第1図(△9四歩まで)


まずは、実戦の進行を見ていきましょう。

第1図以下の指し手

▲3六歩△8五桂▲3五歩(第2図)


第2図(▲3五歩まで)

Jさんは、3筋の歩を突っかけて行きました。

しかし・・・

第2図以下の指し手

△3五同歩▲同銀△3四歩▲4六銀(第3図)


第3図(▲4六銀まで)


本当は、後手の玉をめがけて攻めていきたいところですが、△3四歩と受けられた局面では突進することができません。

△3四歩に対し、仮に▲2四歩と突くと△3五歩と銀を取られてしまい失敗です。

仕方が無く▲4六銀(第3図)と引きましたが、これでは攻めが成功したとは言えません

銀が2六→3五→4六と大回りをして手がかかった割に、戦果が上がっていません。

棒銀戦法を指すのであれば、第1図では▲3六歩ではなく▲1六歩(第4図)の方がオススメです。


第4図(▲1六歩まで)


棒銀は基本的に玉頭と端を攻める(この場合だと1筋・2筋)戦法なので、▲3六歩よりも▲1六歩の方が理にかなっています。

ここからの指し方を身に付ければ、実戦の色々な場面で応用が利くでしょう。

第4図以下の指し手①

△1四歩▲1五歩(第5図)


第5図(▲1五歩まで)

後手が端歩を受けてきたら、すかさず▲1五歩とぶつけます

これで既に先手が指しやすい将棋になっています。

▲1五同歩なら▲同銀(第6図)と取り返すのがポイント。


第6図(▲1五同銀まで)


棒銀で端を攻める場合は銀で進出するのが重要なんです。

級位者の方だと「銀が取られちゃうからもったいない、香車で取りたい。」と感じてなかなかこの手が指せないようです。

しかし、▲1五同香だと△1三歩(失敗図)と打たれます。


失敗図(△1三歩まで)


失敗図の局面は、これ以上攻めを続けるのが難しいです。

1五にいる自分の香車が邪魔で、銀が前に進めません。

棒銀は、攻めの銀が立ち往生するのが一番マズイのです。

必ず、第6図のように「▲1五同銀」と銀の方で攻めるようにしてください。

もう少しだけ説明すると、第6図で△1五同香と銀を取ってくれれば、▲1五同香(第7図)と指します。


第7図(▲1五同香まで)


第7図は後手の端(1筋)が破れています。
▲1八飛と回る、▲1四歩と「垂れ歩」を打つ、▲1九香と香車の二段ロケットを設置するなど、先手はいくらでも1筋の攻め駒を足すことができます。
銀が取り残された失敗図と、第7図をよく見比べて下さい。
矢倉での棒銀戦法に対しては端を突くと、棒銀の猛攻撃を食らうことが分かりましたね。
矢倉での棒銀に対しては端を受けてはいけない」のです。

第4図以下の指し手②

△8五桂▲1五銀(第8図)


第8図(▲1五銀まで)


第4図で△1四歩と端を受けるのがダメそうなので、後手は△8五桂と跳ねたとしましょう。
その場合は、▲1五銀(第8図)と銀を端に進めます。
第8図では、△1四歩と突いて銀を追い返そうとしてくる方が多いと思いますが、強く▲同銀(第9図)と取る手があります。

第9図(▲1四同銀まで)

▲2六銀と引いて、次に▲1五歩と突く指し方もありますが、第9図の突進も十分に成立しています。
第9図で△1四同香なら、▲1五歩(第10図)と伸ばします。

第10図(▲1五歩まで)

先手は、先に銀を損してしまいましたが、香車が取り返せる形です。

それに加え、第7図と同じように後手の端(1筋)を攻め込む展開になりそうで、先手が十分良い形勢と言えます。
今回は以上です。
棒銀は、覚えやすく、かつ攻撃力も高いため、級位者の方の将棋ではよく指されている戦法です。
今回ご紹介した、端からの攻め方は実戦にもきっと応用できると思います。
ぜひマスターして、実戦で使っていただけると嬉しいです。

↓↓第30回アップしました!ぜひご覧下さい↓↓

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第30回は「3手の[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!