目指せ初段・実戦ワンポイント!~第30回:3手の読みを癖にしよう~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第30回は「3手の読みを癖にしよう」です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

3手の読み

第1図は、Kさん(将棋ウォーズ4級;後手番)の実戦より。

お相手は将棋ウォーズ3級の方です。


第1図(△4五銀まで)


Kさんが攻めの銀を繰り出していきました。

第1図以下の指し手

▲4六歩△5六歩(第2図)


第2図(△5六歩まで)

先手が▲4六歩と攻めの銀を追い返そうとした手に対してKさんは強く△5六歩(第2図)と突きました。

一見、棒銀での攻めの形っぽく見える手なのですが、残念ながら読みが足りていませんでした。

この後の3手の展開を、先手になったつもりで読んでみましょう

第2図以下の指し手

▲4五歩△5七歩成▲同銀(第3図)


第3図(▲5七同銀まで)


正しく読めたでしょうか?

第2図では、▲4五歩と後手の銀を取る手が成立します。

後手が△5七歩成と襲いかかってきますが、5七の地点には先手の駒が2枚(金・銀)利いていますので、潰されることはありません。

第2図のような場面の先手番で、条件反射のように▲5六同歩と取ってしまう方が多くいます。

しかし、▲4五歩と銀をタダで取れるならもちろんその方がいいですね。

こういうときに必要なのが「3手の読み」です。

3手の読みとは、故原田泰夫九段が説いていた初心者の心得で、自分が指す→相手が指す→自分が指す、と3手進んだ先の局面を頭の中で考えてから次の1手を指しましょうという教えです。

第2図のような局面では、できれば▲4五歩と銀を取りたい

後手はおそらく攻めてくるでしょうから、5筋を攻撃する△5七歩成とするでしょう。

それに対して、金銀を取られるわけにはいきませんから▲5七同銀と取り返します。

1手1手の理由付けを積み重ねて、3手の読みを行うことができましたね。

こうして出来上がった第3図を、頭の中で考えてから第2図で▲4五歩と取ります。

将棋は1手ずつ指すゲームではありますが、上級者になるほど1手の中に色々な狙いを秘めてくるようになります。

普段から、「3手の読み」を行う訓練をしていると、自分が指す手にも狙いが増えてきますし、相手の狙いを看破することもできるようになります。

将棋ウォーズなどで、短時間で大量に将棋を指す方も多いと思いますが、将棋は基本的には読みのゲームです。

3手の読みは、実戦でぜひ心がけていただけると、上達が早まることと思います。

後手の改善ポイント①

補足ですが、第1図で先手に▲4六歩と突かれたときには△4四角(第4図)と上がる手がありました。


第4図(△4四角まで)


▲4五歩と銀を取ると、△2六角と飛車を取って駒得できますので後手が良くなります。

先手は、▲2八飛と逃げるくらいですが、そこで△4六銀(第5図)と進めば、後手は1歩得が残り、指しやすい形勢となります。


第5図(△4六銀まで)


後手の改善ポイント②

そもそもの話になりますが、第1図の△4五銀と進んだ手が早すぎる気もします。

実戦的には、△7一玉(第6図)と引く方が良い手と思います。


第6図(△7一玉まで)


6二に玉がいたままだと、自分の飛車との位置が近すぎます。

玉と飛車が近い形は「玉飛接近」と言って、避けた方が良い形でしたね。

戦いを早く起こしたくなる気持ちを抑えて、まずはしっかりと玉を囲いましょう。

今回は以上です。
3手の読み、ぜひ実践してみて下さい。
↓↓第31回をアップしました!ぜひご覧下さい↓↓
関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第31回は「玉頭銀[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!