目指せ初段・実戦ワンポイント!~第31回:玉頭銀への対応~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第31回は「玉頭銀への対応」です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

面倒な玉頭銀

第1図は、Jさん(将棋ウォーズ2級;先手)の実戦より。


第1図(△5四銀まで)


先手のJさんの棒銀戦法に対し、後手が5四に銀を腰かけてきた局面です。

これは、5四→6五→7六のルートで居飛車の玉を攻めてくる狙いで、「玉頭銀」と呼ばれる戦法です。

私は、級位者の頃、この玉頭銀への対処法が全く分からずよく潰されていました。

当ブログの読者の方でも、玉頭銀に苦手なイメージを抱いている方は多いのではないかと思います。

今回は、基本的な対処法について解説していきます。

第1図以下の指し手(実戦)

▲6六角△6五銀▲5五角(途中図)△5四歩▲7七角(第2図)


途中図(▲5五角まで)

第2図(▲7七角まで)


実戦の手順は後手がかなり得をしました。

第2図は、先手の形は元の第1図と変わっていません。

一方、後手は△6五銀と△5四歩を指しています。

さらに、第2図では後手番ですから、先手が3手も損をしてしまっているのです。

これでは先手が良くなるわけがありません。

第2図以下の指し手

△7六銀▲6六歩△7七銀成(第3図)


第3図(△7七銀成まで)


そして、結局銀のドリブルを許し、角を取られてしまいました。

どうやら第1図からの先手の対応がまずかったようです。

それでは、第1図からの修正案を考えてみましょう。

第1図からの指し手(修正案)

▲6六歩(第4図)

第4図(▲6六歩まで)


後手の狙いは6五の地点に銀を出ることでした。

そこで、6五の地点を守る▲6六歩(第4図)と突く手を覚えてください。

先手の棒銀が立ち遅れている感じがする点、後手がスムーズに4筋の歩を交換できそうな点を踏まえると、これでも後手が少し良い局面だと思いますが、実戦の進行よりは遥かに良いです。

この後は、▲6七銀(第5図)のように、銀を前線に繰り出していくイメージで指しましょう。


第5図(▲6七銀まで)


Advance

玉頭銀に対しては「あえて相手の銀を呼び込んで、その銀を取りに行く」指し方もあります。

先手からみた理想的な形だけ示すと、下のイメージ図。


イメージ図(▲2六飛まで)


後手は、7六の地点にいる銀を守る手段がありません。

後手の銀が逃げられる場所は6五・8五の二か所ですが、いずれも先手の桂馬が利いています。

このように、玉頭銀で進出してきた銀は、結構不安定な形なのです。

初段を目指す方であれば、このような指し方もあることは覚えておいた方が良いでしょう。

Advance

そもそもの話になりますが、今回のJさんが指した「棒銀」は早く相手陣に攻撃する戦法です。(「急戦」と言います)
しかし、第1図のJさんの玉の囲いは、結構手数がかかってしまっており急戦とはあまり相性が良くありません。
もう少しコンパクトな囲い(完成までの手数が短い囲い)と組み合わせた方が良さそうですね。
例えば、舟囲い(左)やelmo囲い(右)。
こうした囲いと組み合わせた方が、自分から攻め込める展開になりやすく、級位者の方には指しやすいでしょう。
今回は以上です。
玉頭銀への対処と、棒銀と組み合わせると良い囲い方については、ぜひ覚えて実戦で活かしていただけると嬉しいです。
次回は、本講座で初となる駒落ち戦を題材にします。ぜひご覧下さい。
↓↓第32回をアップしました!ぜひご覧下さい↓↓
関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第32回は「4枚落[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!