目指せ初段・実戦ワンポイント!~第33回:~逃げ道を封鎖せよ~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

王手は追う手

今回は、第32回に引き続き、Jさん(将棋ウォーズ2級)と私の実戦(4枚落ち)から。

棒銀で上手く1筋を攻略したJさんが優勢になり、終盤戦を迎えました。

第1図は、△3八成香と上手が迫ってきた局面。


第1図(△3八成香まで)


上手の攻め駒がひたひたと迫ってきていますが、まだ下手玉は安全です。

ということで、ここは先手玉を寄せに行きたい局面ですね。

Jさんは正しく攻めることができたのですが、まずは失敗例を見てみましょう。

第1図以下の指し手(失敗例)

▲6一竜△5四玉▲4六桂(第2図)


第2図(▲4六桂まで)


実戦でこのように指してしまう方は多いと思いますが、これは非常にマズイ攻め方です。

△4四玉(第3図)と逃げられた下の図を見てみましょう。


第3図(△4四玉まで)


上手玉が広い海に逃げ出してしまいそうな局面ですね。

具体的には3五→2六→1七のようなルートで、下手の陣地に侵入(入玉と言います)してくる手があります。

将棋の駒は、基本的に前に進むように作られていますから、相手の玉が自分の陣地に入ってきてしまうと、非常に捕まえにくくなるのです。

このように、むやみに王手をかけた結果、広いところに相手の玉を逃がしてしまうのは良くありません。

玉はなるべく狭いところに追い詰めるように攻めるのが将棋に勝つポイントです。

第1図からの指し手(実戦)

▲4六桂(第4図)


第4図(▲4六桂まで)


Jさんは、先に▲4六桂と打ちました。これが良い手です。

上手玉の逃走ルート(5四)をふさいでいます。

上手が何もしてこなければ、今度は▲6一竜の王手が厳しい手になります。

この「逃げ道を封鎖する」感覚はぜひとも身に付けていただきたいところです。

しばらく進み、第5図の局面になりました。


第5図(△4九銀まで)


下手の玉にもだいぶ上手の攻めが迫ってきていますが、まだ下手の玉が次に詰むような形にはなっていません。

ここでも、先ほどの「逃げ道を封鎖するように」指してみたいところです。

第5図以下の指し手

▲4六歩(第6図)


第6図(▲4六歩まで)


▲4六歩が、4五の地点をふさいだ好手。

Jさんは「逃げ道をおさえる感覚」がきちんと身に付いています。

あわてて、▲6三銀△4四玉▲5三銀(失敗1図)のように銀を連打するのはNG。


失敗1図(▲5三銀まで)


△3五玉(失敗2図)と逃げられて、もう上手玉を捕まえることはできないでしょう。


失敗2図(△3五玉まで)


失敗1図のように攻めてしまう方は非常に多いのです。
玉を広いところに逃がさないように寄せるのは、将棋の基本中の基本です。
特に王手をかけるときは「広い方に相手の玉を逃がしてしまわないか?」を常に意識するようにしましょう。

第7図(△3四金まで)


さらに手が進んで第7図。
▲7三竜と桂馬を取る手も立派な手ですが、局面は終盤。
上手の玉を追い詰める決め手を見つけてください。
正解は、次回講座の冒頭で発表いたします。
それでは、次回もよろしくお願いいたします。
きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!