目指せ初段・実戦ワンポイント!~第35回:まずは都合の良い読みを~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

目指せ初段・実戦ワンポイント講座│ガイダンス

まずは都合良い読みをしよう

第1図はKさん(将棋ウォーズ4級;後手番)の実戦より。

先手が四間飛車+金無双に構え、端から攻撃をしかけた局面です。


第1図(▲9五角まで)


ここでKさんは△9四歩(第2図)と打ちました。


第2図(△9四歩まで)


9筋を守るための自然な一手のように思えますが、▲7七角(第3図)と引かれると、なんだか先手の陣形が安定してしまう感じがします。


第3図(▲7七角まで)


第1図では、もう少し攻撃的な手段を考えてみたいところです。

将棋で手を読む上では、まず「自分が良くなる局面を想像する」力が必要です。

お互いの手を深く・正確に読むのは有段者になってからで良く、級位者のうちは「自分にとって都合の良い展開」を読めるようになる必要があります。

第1図から「後手が良くなる手順」を考えてみましょう。

第1図では、先手の9五角が宙ぶらりんでやや不安定な形。

そこを突いて攻めたいです。

第1図以下の指し手

△5六歩(第4図)


第4図(△5六歩まで)


まずは元気よく△5六歩と突きます。

この1手で、後手の飛車と角がいっぺんに働いてきます。

第4図以下の指し手

▲5六同歩△同飛▲5七歩△7六飛(第5図)


第5図(△7六飛まで)


5筋を交換し、先手が▲5七歩と打ってくると読みます。(実際には色々な手がありますが)

そこで、飛車を引くのではなく△7六飛(第5図)と横にまわります。

初心者のうちは、飛車を縦横両方に使う発想が浮かびにくいのです。

縦に動いた飛車は、縦に戻る。

どうしてもそう指してしまいがちです。

飛車を横方向にも活用できる手は無いか?は常に心掛けておきたいポイントです。

第5図の局面は、後手の7五の銀取りです。

また、△7九飛成と敵陣に侵入する手もあり、両狙いになっています。

そこで、その両方を防ぐには▲7七香(第6図)と打つしかありません。


第6図(▲7七香まで)


そこで、慌てて飛車を切ったりするのではなく、△9六飛(第7図)とまわります。


第7図(△9六飛まで)


またしても、9五にいる角を取る手と、△9九飛成と侵入する手の両狙いです。

しかも、先手はもう香車を持っていませんので▲9七香とは打てません。

▲8六角と逃げるでしょうが、△9九飛成と成ることができます。

以上が、第1図から後手にとって一番都合の良い手順です。

先手が▲9五角と出た形が不安定で、それを突いた攻めが決まっています。

アマ三~四段レベルになれば一目で見える手順ですが、初段を目指す方であれば途中の△7六飛(第5図)くらいまでは読みたいところです。

実際には、先手にも途中で色々変化する手があり精査が必要ですが、まずは一直線で自分が良くなる「理想の展開」を描けるようになりましょう。

今回は以上です。

次回は、この将棋の終盤戦から受けのポイントを解説します。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA