目指せ初段・実戦ワンポイント!~第36回:自玉周辺の受け方~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

目指せ初段・実戦ワンポイント講座│ガイダンス

相手の攻めを読もう

第1図はKさん(将棋ウォーズ4級;後手番)の実戦より。

前回(第35回)の将棋の続きです。

先手が▲9三角と打ち、次に▲8二角成までの「詰めろ」をかけた局面です。


第1図(▲9三角まで)


第1図以下の指し手

△9一角(第2図)

Kさんはその詰みを防ぐための△9一角(第2図)と打ちました。


第2図(△9一角まで)


8二に利きを足した受けですが、これはちょっとマズイ手でした。

先手の手番でどのように攻めるかを考えてみましょう。

第2図以下の指し手

▲9二歩(第3図)


第3図(▲9二歩まで)


なんと、歩を打っただけで後手の角が捕獲されてしまいました。

一番弱い「歩」で貴重な戦力の「角」を取られてしまうわけですから、これは非常に損なやり取りです。

角は、前に進むことができない「頭が丸い」駒です。

しかし、相手の攻め駒は前に進める駒が大半。

そのため、角はあまり受けには適していないのです

8二の地点を受ける発想自体は良かったのですが、受け方がまずかったのです。

正しい受け方を考えてみましょう。

第1図以下の指し手(修正)

△8一銀(第4図)


第4図(△8一銀まで)


8二の地点を銀を引いて受けるのが正しい受けです。

第2図の△9二角と違い、歩で自陣の駒を攻められるようなことがありません。

先手が無理に攻めようとすれば、▲8二香成△同銀▲同角成△同玉▲8三銀(第5図)といった進行が考えられます。


第5図(▲8三銀まで)


先手の攻め駒が迫ってきて怖いところではありますが、△7一玉(第6図)と逃げると、それ以上の攻めはありません。


第6図(△7一玉まで)


先手の持ち駒が歩しかありませんので、先手の攻めは切れています。

ただし、第6図の局面は先手に金銀や角といった持ち駒が入ると後手玉が詰んでしまう形です。

したがって、後手は先手玉を攻める前にもう少し自玉を安全にしたいところですね。

例えば、△8二歩(第7図)と歩を打ってみましょう。


第7図(△8二歩まで)


先手は、8二に何かを打つ手を狙っていますので、△8二歩はそれを消した手と言えます。

もしも▲9二銀成と逃げれば△7二金上(第8図)と上がって6一~5一と逃げるルートを作っておけば盤石です。


第8図(△7二金上まで)


このように、自玉をすぐには詰まない安全な状態にしてから反撃するのが、将棋で勝つためのコツです。

今回は以上です。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

↓↓第37回をアップしました!ぜひご覧下さい↓↓

[sitecard subtitle=関連記事 url=onepoint-37]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA