目指せ初段・実戦ワンポイント!~第37回:角のラインは強い~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

目指せ初段・実戦ワンポイント講座│ガイダンス

角筋を活かした攻めを

第1図はJさん(将棋ウォーズ3級;後手番)の実戦より。

先手の四間飛車に、後手が右四間飛車で対抗した将棋です。

右四間飛車は、アマチュア棋界では昔から根強い人気を誇る戦法で、ハマったときの攻撃力の高さが魅力です。

最近は、プロの将棋でも「早く攻める戦法」が評価される傾向にあり、右四間飛車もよく現れるようになっています。


第1図(△6五歩まで)


第1図のように、△6五歩と角交換を迫るのが、右四間飛車の基本的な攻め方です。

後手は、右金の位置(7二)に少し違和感がありますが、勢いよく仕掛けました。

第1図以下の指し手

▲3九玉△6六歩▲同銀△6五歩(第2図)


第2図(△6五歩まで)


先手は、玉が4八のままでは戦えないと見て▲3九玉と引きました。

後手はあくまで角筋を絡めた攻めを狙います。

第2図以下の指し手

▲5七銀△7七角成▲同桂(第3図)


第3図(▲7七同桂まで)


後手は、狙いだった角交換を実現させました。

攻めが繋がれば後手がリードできそうな局面ですが、実戦のここからの進行はイマイチでした。

第3図以下の指し手(実戦)

△6六歩▲同銀(第4図)


第4図(▲6六同銀まで)


Jさんは第3図から△6六歩と突き出しました。

これも手筋という感じもしますが、▲同銀と取られてみると、かえって先手の守りが手厚くなってしまった印象がしますね。

もう少し良い攻め方がありそうです。

それでは修正案を考えてみましょう。

第3図以下の指し手(修正案)

△3三角(第5図)


第5図(△3三角まで)


交換したばかりの角を△3三角と設置するのが面白い手。

7七の桂馬を取るという単純な狙いですが、これが妙に受けづらい。

桂馬にヒモをつける(桂馬を取られたときに、何か自分の駒で取り返せるようにする)のが基本的な考え方ですが、▲6七飛と浮く手にはそこで△6六歩(第6図)が痛すぎます。


第6図(△6六歩まで)


6六の地点は後手の攻め駒の方がたくさん利いていますね。

これは一瞬でつぶれてしまいます。

▲6七飛に代えて▲7八飛と守ってみても、やはり△6六歩(第7図)が急所。


第7図(△6六歩まで)


次に△6七歩成と「と金」を作る狙いです。

▲6八歩と受けても△6七歩成▲同歩△同飛成と、竜を作って6筋を突破できます。

このように、角筋を活かした攻めは非常に強力です。

居飛車VS振り飛車の対抗形には頻繁に現れます。

ぜひ、実戦で意識して使っていきたいテクニックです。

今回は以上になります。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA