目指せ初段・実戦ワンポイント!~第42回:焦らずに一度受ける勝ち方~

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。

目指せ初段・実戦ワンポイント講座│ガイダンス

第1図は、Jさん(将棋ウォーズ2級)の実戦から。

先手(Jさん)の▲6一飛の王手に後手が△4一銀と受けた局面です。

第1図(△4一銀まで)

駒の損得はほとんどありませんが、先手の攻め駒(飛車&馬)が先手陣に突き刺さっている一方、後手は8二の角の働きが弱く、先手が優勢な局面です。

しかし、優勢で手が広い局面というのは、どうやって勝ちを決めるかに悩むもの。

では、第1図からの実戦の指し手を見ていきましょう。

焦ると危ない

第1図からの指し手

▲3二桂成△同玉▲2四金(途中図)△4九飛成▲8八玉△3三金(第2図)

途中図(▲2四金まで)

第2図(△3三金まで)

実戦は、先手が▲3二桂成から金を取って攻めかかりましたが、やや焦った攻めだったかもしれません。

後手も4九の金を取ってから△3三金と、先手の攻め駒に当てた受けが出て、ちょっともつれている感じです。

こうやって追いかけているうちに気が付いたら入玉されていた、なんて経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これでも先手優勢に変わりはありませんが、ややリスクのある決め方で、もう少し安全に勝ちにいきたいところです。

POINT

金は、攻撃にも守備にも使える強い駒です。

金を渡してしまうと、上図の△3三金のように相手が自陣を補強して受ける手も生じるので気を付けましょう。

さて、第1図に戻って、先手の修正案を考えてみましょう。

一度冷静に受ける勝ち方

先手としては、強力な駒である金を後手に取らせたくない、と考えたいところです。

そこで、▲3九歩(第3図)と打つ手は考えられます。

第3図(▲3九歩まで)

これは、一度金取りを冷静に受け止めた後に、ゆっくり反撃しようという考え方の手で、将棋に勝つ上では非常に大切な考え方です。

焦って▲3二桂成と取ってしまうよりも、着実に勝てる手と言えます。

ただ、▲3九歩に対しては△5二歩と受けるような対抗手段もあります。

次回は、もっと別の勝ち方も考えてみたいと思います。

ぜひまた次回も読んでいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA