目指せ初段・実戦ワンポイント!~第7回~

こんにちは。

日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。

第7回のテーマは、「争点を作らない手」です。

本連載の趣旨や、生徒さんのプロフィールについては、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。突然ですが、皆様は将棋の棋力を伸ばすために、どのような勉強を行っていますか?次の一手、詰将棋、定跡書、棋譜並べなど、将棋には様々な勉強法が存在します。しかし、将棋[…]

争点をつくらない指し方

第1図は、将棋ウォーズ4級のKさん(先手番)の一戦から。


第1図(△7四銀まで)


先手の四間飛車に対して、後手が△7四銀と出てきた局面です。

第1図のように、振り飛車に対して△7四銀と出る手は、一見「棒銀」みたいですが、定跡通りの正しい形ではありません。(正しい棒銀の形はまた別の機会にご紹介します)

しかし、アマチュア級位者の将棋には非常によく見られる形です。

対応を誤るといっぺんに形勢を損ねてしまいます。

Kさんはここで▲8六歩(第2図)と指しましたが・・・


第2図(▲8六歩まで)

第2図以下の指し手

△8五歩▲同歩△同銀(第3図)


第3図(△8六同銀まで)


8筋を破られてしまいました。

次に△7六銀や△8六銀と出られると、先手陣への侵入が防げなくなってしまいます。

▲8七銀と頑張って受けてもそこで△8六歩(第4図)が痛すぎます。


第4図(△8六歩まで)


▲同銀△同銀▲同角△同飛は先手の角損

▲7八銀や▲9八銀と逃げても△7六銀で、後手の攻めはとまりません。

実戦も、結局8筋を食い破られてしまいました。

実は、第2図の▲8六歩が良くない手だったのです。


再掲第2図(▲8六歩まで)


後手は、飛車を最初の位置(8二)付近に置いて攻める「居飛車」の構えです。

基本的には、飛車の周辺(8筋や7筋)で戦いを起こしたい!と考えている指し方です。

戦いを起こすとは、駒をぶつける場所(争点)を作ること

今回の手順では、先手が▲8六歩(第2図)と突いたことで、後手の△8五歩(途中図)により8五の地点で駒がぶつかり、戦いが始まってしまったのです。


途中図(△8五歩まで)


先手の「角道を止める振り飛車」は、居飛車よりも玉を固く囲ってから、居飛車の攻めに反撃して勝ちを目指すというのが基本的な考え方です。

ですので、玉の囲いが十分で無い局面で戦いを起こすのは望ましくなく、争点を与える▲8六歩がイマイチだったのです。

それでは、△7四銀と出られた第1図では、どのように指すべきだったのでしょうか。

ここは、7~8筋には手を付けず、▲3八玉と囲いを進めるのが良いでしょう。


第5図(▲3八玉まで)


香ちゃん
後手から攻められそうで怖いワ!
怖がる必要はありません。
例えば、次に△8五歩(第6図)と突いてきた場合。

第6図(△8五歩まで)


これは、次に後手から攻める手がありません。
△8六歩と突いても▲同歩と応じて何も起きません。また、△7四の銀を攻めに動かす場所もありません。
そして、攻めの桂馬も8一に眠ったまま、使えそうにありません。
つまり、後手の構えは攻め駒が効率よく使えていない状態なのです。

また、第5図の▲3八玉に対して△8五銀(第7図)と出てくる相手もいるかもしれませんが、

第7図(△8五銀まで)
これも、7六の歩を取る以外の狙いが無い手なので、▲6七銀(第8図)と受ければ、それ以上後手の攻めは続きません。

第8図(△6七銀まで)

今回の講座は以上です。

△7四銀(第1図)のような攻めは、正確に受け止めれば大したことはありませんが、本譜の▲8六歩(第2図)のように対応を誤ると攻められてしまいます。
実戦でも出てくる形だと思いますので、繰り返し記事を読み、役立てていただければ幸いです。
次回は、有名な将棋の格言である「敵の打ちたいところに打て」をテーマに解説します。
ぜひ、あわせて読んで下さい。
↓第8回はこちら↓
関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認、「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。アマチュア級位者の私の生徒さんの将棋を題材に、アマチュア初段を目指す上で重要な、「ミスを減らすためのポイント」をご紹介する「実戦ワンポイント!」。第8回のテーマは、「敵の[…]

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!