古賀悠聖新四段ってどんな棋士?出身地や師匠、棋風などを紹介!

新型コロナウイルス感染拡大の影響で6月開幕となった、第67期奨励会三段リーグ戦。

異例のハードスケジュールとなったリーグ戦でしたが、9/26(土)に最終日(第18・19回戦)が行われました。

混戦を抜け出し、四段昇段(プロデビュー)を果たしたのは、伊藤匠三段・冨田誠也三段・古賀悠聖三段でした。

この記事では、古賀悠聖新四段に関する基本情報や、師匠・棋風などについて、観る将的に知っておきたいポイントをご紹介します!

なお、一足先に四段昇段を決めていた伊藤匠新四段については、以下の記事で詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧下さい。

伊藤匠新四段とは?藤井聡太二冠のライバル候補について紹介!

古賀悠聖新四段の基本データ

(出所:日本将棋連盟Webサイト

  • 氏名  :古賀悠聖(こが ゆうせい)
  • 生年月日:2001年1月1日
  • 四段昇段:2020年10月1日
  • 出身地 :福岡県福岡市
  • 師匠  :中田功八段

古賀悠聖新四段は福岡県福岡市出身。

福岡県出身の棋士は、佐藤天彦九段以来、14年ぶりです。

そして、誕生日はめでたい元旦。

これを見て「おっ!」と思った方は将棋通。

そう、古賀新四段は、今やタレントとしても大人気の「ひふみん」こと加藤一二三九段(1940年1月1日生まれ)と誕生日が同じなのです。

しかも、出身も加藤九段と同じ福岡県。

これだけでも、将棋界のレジェンドになりそうなニオイがプンプンしますね。

アマ時代の棋歴

古賀新四段は幼少期に将棋を覚え、福岡県大野城市の「▶福岡将棋会館」で、 関口武史指導棋士五段の指導を受け腕を磨きました。

小学生のころから各種大会で活躍しており、アマ大会での主な棋歴は以下です。

  • 【2010年度】JT将棋日本シリーズ福岡こども大会:優勝
  • 【2011年度】第10回全国小学生倉敷王将戦:優勝(高学年の部)

特筆すべきは倉敷王将戦

過去の優勝者には、菅井竜也八段(第2回・高学年の部)藤井聡太二冠(第10回・低学年の部)など、後のプロ棋士が多く名を連ねています。

その第10回大会で、低学年の部の藤井聡太二冠とともに、高学年の部で優勝を飾ったのが古賀新四段でした。

その後、古賀新四段は2011年に関西奨励会に入会しました。

参考:古賀新四段のアマ時代の主な棋歴

▶棋楽庵の九州将棋ふまわり日記

▶第10回全国小学生倉敷王将戦の結果(日本将棋連盟)

奨励会入会後

奨励会入会後は順調に昇級・昇段を重ね、三段リーグには第62回(2017年10月~2018年3月)から参加。(三段リーグって何?という方は▶コチラの記事をご覧下さい)

三段リーグでの成績は以下の通りです。

  • 第62回:6勝12敗
  • 第63回:8勝10敗
  • 第64回:10勝8敗
  • 第65回:13勝5敗(次点)
  • 第66回:6勝12敗
  • 第67回:13勝5敗(3位:次点2回により四段昇段)

既報の通り、第67回奨励会三段リーグで、13勝5敗の成績をあげて四段昇段を決めました。

なお、古賀新四段は「次点2回による昇段」であるため、順位戦C級2組には属さず、フリークラスからのスタートになります。

次点の仕組みについては、以下の記事をご覧下さい。

奨励会三段リーグの「次点」って何?制度の内容や歴史を分かりやすく解説!

出身

前述の通り、古賀新四段は福岡県福岡市出身。

師匠の中田功八段や、兄弟子の佐藤天彦九段、そして加藤一二三九段らと同郷です。

参考として、福岡県出身の棋士を以下に示します。

参考:福岡県出身の棋士(棋士番号順)

太字は順位戦A級経験者

そうそうたる顔ぶれです。

実に「福岡県出身の棋士」は、過半数が順位戦A級を経験しているのです。

古賀新四段も今後の活躍が期待されます。

師匠

古賀新四段の師匠は中田功八段

参考 棋士紹介-中田功八段日本将棋連盟HP

中田功門下の棋士・女流棋士は、佐藤天彦九段、武富礼衣女流初段に続いて3人目となります。

棋風

古賀新四段は本格派の居飛車党。

師匠の中田功八段は三間飛車の名手として有名ですが、お弟子さん(佐藤天彦九段、武富礼衣女流初段)は居飛車党ですね。

2020年2月に指された、第51期新人王戦では、若手強豪の佐々木大地五段を得意の矢倉で破っています。

各棋戦での活躍が今からとても楽しみですね。

以上、古賀悠聖新四段についてご紹介しました。

先日、四段昇段を決めた伊藤匠新四段とともに、藤井聡太二冠に挑む有力なライバル棋士になることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA