藤井聡太四段はなぜ3ヵ月で七段に?プロ棋士の昇段ルールの事例紹介!

こんにちは、日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫と申します。

以前の記事で、プロ棋士の段位の仕組みについて基本的なことを紹介しました。
下の関連記事に詳しく書いていますが、まとめると次のようになります。

  • プロ棋士の段位は「四段」~「九段」。一度上がれば下がることは無い
  • タイトル戦などの「棋戦」で好成績を上げたり、勝利数を重ねることで昇段できる
  • 「段位」は棋士の今の実力ではなく、過去の活躍・実績を示すもの

また、昇段(段位が上がること)に関するルールは、2000年代後半から大きく変わっています。そのポイントとして以下3つをご紹介しました。

  • 昇段できる条件が増え、2005年ごろまでと比べると七段までは昇段しやすくなった(それでも大変なことには変わりはありませんが)
  • 「飛び段」(四段がいきなり六段に昇段する)や、1年に2回以上の昇段も認められるようになった
  • 昇段できる条件を満たした日に、すぐ昇段できるようになった

この10年ほどで、昇段に関するルールは大きく変わっているのです。
今回は、それがよく分かる例として、屋敷伸之九段と藤井聡太七段の昇段を題材にご説明いたします。

プロ棋士の段位の基本的な仕組みについては、こちらの記事もあわせてご覧下さい。

また、プロ棋士の昇段規定は以下の図の通りです。

旧制度の被害者?:屋敷伸之九段

現在は、ここまでお話ししたように、少しずつ昇段しやすい制度になってきているのですが、旧制度で割を食った例として、屋敷伸之九段が挙げられます。
屋敷九段は、1991年1月に棋聖のタイトルを防衛し、この時点でタイトル獲得が2期となりました。
この時、屋敷棋聖の段位は五段でした。
きゃべ夫
屋敷九段は、1991年1月に棋聖のタイトルを防衛し、この時点でタイトル獲得が2期になったんだ。
銀将くん
ということは、防衛した日付で「タイトル2期」を満たして八段に昇段したってこと?
きゃべ夫
今の制度ならそうなるね。でもこの当時はタイトル2期で八段の規定も、タイトル1期で七段の規定も、タイトル挑戦で六段の規定もなかったから、屋敷棋聖の段位は五段のままだったんだ。
銀将くん
タイトルを2期獲得してるのに五段!?えらい厳しいな…
きゃべ夫
さすがに昇段させるべきだろうということで、1991年4月に日本将棋連盟理事会の判断で特別に六段に昇段したんだ。
銀将くん
その後の昇段はどうなったの?
きゃべ夫
屋敷六段はC級1組順位戦からの昇級に13年かかったこともあり、1996年の3月、C級1組在籍のまま勝星昇段(六段昇段から150勝)で七段に昇段したんだ。そして、その後に棋聖を獲得しタイトル獲得が通算3期になったんだ。
銀将くん
タイトル3期で九段の昇段規定は昔からあるんだよね?
ようやくこれで九段になったんだね。
サイトアイコン
きゃべ夫
いいや違う。
当時は飛び段が認められていなかったから、九段の昇段条件を満たしていても、八段にならない限りは九段になれなかったんだ。
銀将くん
なんと…それで、屋敷七段はいつ八段に昇段したの?
サイトアイコン
きゃべ夫
2002年の5月に昇段したよ。屋敷七段は順位戦はまだC級1組で、なんと八段昇段も勝星昇段だったんだ。B級2組を経験せずに八段に昇段した棋士は、屋敷八段が第一号だったんだ。
銀将くん
強い棋士でも年間30勝すれば十分ということから考えると、七段・八段を勝星昇段(合わせて340勝)ってすごいことだね。でも、これで八段になったから同時に九段昇段だね!!
きゃべ夫
残念ながら、このときは1年に二段以上の昇段は認められていなかった・・・・
屋敷八段の九段昇段日付は「八段昇段から1年を超えて最初に訪れる4月1日」となり、2004年4月1日付で九段昇段となりました。
銀将くん
あまりに可哀想すぎるぜ!!!!
屋敷九段は、仮に現行制度下であれば、11年早く八段に昇段していた計算になります。
詳しくは書きませんが、プロ棋士にとって「段位」は収入に与える影響もあり、重要なものなのです。
時代によってルールが変わるのは当然と言えば当然なので、過去の出来事に対して「もし今だったら・・・」と仮の話をするのはあまりセンスが無いですが、さすがに可哀想だなと私は感じてなりません。

現行制度をフル活用!持ってる男、藤井聡太七段

次に、藤井聡太七段の昇段履歴をご紹介します。

2020年5月現在、藤井先生は七段ですが、四段~七段までの昇段の履歴は以下になります。

①四段→五段
2018/2/1   順位戦C1昇級決定
②五段→六段
2018/2/17 朝日杯優勝
③六段→七段
2018/5/18 竜王ランキング戦連続昇級
実に、約3ヵ月の間に3つ昇段しています。異次元です。
この1つずつを、昇段規定の改定ポイントと合わせてみてみましょう。

①四段→五段

四段から五段には、2018年2月1日に昇段しています。
昇段の理由は「順位戦でC級1組への昇級が決定したこと」です。
この「決定」というのがポイントです。
3月の最終局を残した2月の時点では、昇級が決定しないケースも多いです。
このタイミングで昇級が決定するには、運の要素(他の棋士の勝ち負け)も絡むため、まさに「僥倖」と言えます。

②五段→六段

五段から六段には、2018年2月17日に昇段しています。
①の五段昇段を決めた時、藤井四段は、全棋士参加棋戦である朝日杯で上位まで進出しており、優勝候補の1人でした。
そして、この朝日杯で見事優勝し「五段昇段後全棋士参加棋戦で優勝」を満たし、六段に昇段しています。
ここでは「五段昇段後」というのがポイントです。
ここで、もし①と②が反対になっていたらどうなっていたでしょうか?
まず、②の朝日杯優勝により、藤井四段は五段に昇段します。
しかし、その後に①のC級1組昇級を決めても昇段はできません
順位戦では、四段の棋士がC級1組に昇級した場合は五段に昇段しますが、元々五段の棋士がC級1組に昇級しても六段に昇段するルールにはなっていないからです。
つまり①→②の順序で昇段条件を満たさないと、すぐに六段までは上がれなかったわけです。
だからこそ、①の昇段日が2月の時点で決まったことが「僥倖」だったのです。
いきなり、全棋士参加棋戦の朝日杯で優勝したことも驚きですが、連続昇段のタイミングの良さにも、非常に驚いたことを覚えています。

③六段→七段

そして②の六段昇段から3ヵ月後。
藤井六段は竜王ランキング戦5組で決勝進出を果たし、「竜王ランキング戦2期連続の昇級」を満たして七段に昇段しました。
この「連続」には昇段前の優勝もカウントされます。
そのため、四段だった2017年のランキング戦6組の優勝と、2018年の昇級が「連続昇級」とされ、超スピードでの七段昇段となりました。
本人の実力が規格外なのは言うまでもないですが、藤井七段は現行の制度や運までをも味方につけた、まさに「持ってる男」なのです。

おわりに

プロ棋士の段位の仕組み、昇段ルール等について一通り基本的なことを解説させていただきました。

昇段のルールを知ると、推しの棋士がどの棋戦で勝てば昇段するのかが分かるようになり、より将棋観戦が楽しくなります!

細かなルールについても一気に色々説明しましたので、ぜひ見返していただきながら、将棋観戦にお役立ていただけますと嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!