最強将棋ソフト水匠2で、Yahoo!モバゲー将棋の棋譜を解析する方法!

こんにちは。

日本将棋連盟公認、将棋普及指導員のきゃべ夫です。

最近では、アマチュアでも定跡の研究や自分の対局の振り返りに将棋ソフトを導入する方が増えました。

しかし、インターネット上で指した将棋を自宅の将棋ソフトで解析する手順は、やや複雑なものもあります。

今回は、Yahoo!モバゲー将棋で自分が指した将棋の棋譜を、将棋ソフトで解析する方法について紹介いたします。

なお、本記事はご自宅のパソコンに将棋ソフトの導入が完了している方に向けて書いております。

導入がお済みでない方は、↓の記事を参考に導入してから、本記事を読んでいただけると幸いです。

関連記事

こんにちは。日本将棋連盟公認の「将棋普及指導員」をしております、きゃべ夫と申します。去る2020年5月3日~4日、「世界コンピューター将棋オンライン大会」という、将棋ソフト同士がオンラインで対戦する大会が開催されました。大会では「水匠2[…]

水匠2でYahoo!モバゲー将棋の棋譜を解析する手順

手順1:変換ツールをブックマーク

1つ、事前準備が必要です。

まず、Yahoo!モバゲー将棋棋譜変換ブックマークレットにアクセスします。

アクセスしたら、以下の動画のように、青い文字のリンクをブックマークバーにドラック&ドロップします。


手順2:棋譜の送信

続いて、Yahoo!モバゲーでの対局が終了した画面で、画面左下の「棋譜の送信」ボタン(下図の①)を押します。

画面を閉じてしまった後は送信できないので気を付けて下さい。

また、対局終了前に送信してしまうと、そこまでの棋譜しか送信されませんので、ご注意下さい。

「棋譜の送信」ボタンを押したら、「棋譜の閲覧」ウィンドウ(下図の②)をクリックします。


手順3:解析したい棋譜を選択

「棋譜の閲覧」ウィンドウを選ぶと、下図のように送信した棋譜が一覧で表示されます。

解析したい棋譜を選びましょう。

送信時刻をクリックすればOKです。

手順4:棋譜を変換してコピー

手順3まで終えると、下図のように棋譜が表示されるはずです。

ところが、このままでは将棋ソフトに解析させることができません。

そこで、手順1で登録しておいた変換ツールの出番です。

棋譜が表示されている画面で、手順1で登録したブックマークをクリックします。

すると、将棋ソフトで読み込み可能な「KIF形式」に棋譜が変換されます。これはすごい!

KIF形式になったら、画面上で全選択(Ctrl+A)⇒コピー(Ctrl+C)を行えば、棋譜のコピーは完了です。

後はこれを将棋GUIに貼り付ければ解析ができます。

手順5:棋譜を貼り付け

水匠が導入された将棋GUI(下の図では「将棋所」)を開き、画面上で貼り付け(Ctrlキーを押しながらV)を行います。

手順6:検討ボタンを押す!

正しく貼り付けられると、画面右側に棋譜が表示されます。
この状態で、「検」ボタンを押します。
あらかじめ、検討エンジンに「水匠」が設定されている必要があります。設定手順は、記事上部で紹介している関連記事をご参考ください。
検討が始まると、画面下部に解析結果が表示されるようになります。
きゃべ夫
この画面で表示される「評価値」は、そのときの手番の方から見た有利・不利を示す値です。(プラスが有利)

参考:解析結果をグラフにする

将棋ウォーズの棋神解析のように、1局を通した評価値のグラフを作りたい方も多いでしょう。
その場合は「対局」タブから棋譜解析を選択します。
棋譜解析をする際には、どのエンジンで行うかを選択するウィンドウが表示されますので、「Suisho2/YO~」を選択しましょう。
1手ごとの思考時間は、長く設定するほど精密な分析ができるようになります。
「設定して開始」ボタンを押すと、ウィンドウの右側にこのようなグラフが表示されます。
ご丁寧に、手の善悪まで教えてくれます笑

参考:解析結果を保存する

後からまた同じ棋譜を振り返りたい方は、「ファイル」タブから棋譜解析を保存を選択し、任意の名前を付けてファイルを保存しましょう。
これで棋譜解析は完了です!

おわりに

今回は、Yahoo!モバゲーで指した将棋を、世界最強の将棋ソフト「水匠2」で解析する方法をご紹介しました。
皆様が指した将棋の振り返りに、少しでも参考になれば幸いです。

きゃべ夫が発信する最新情報をチェックしよう!