将棋界の仕組み

将棋の「研修会」の棋力レベル・入会方法・費用を解説

 

将棋の研修会ってどれくらいのレベルなの?入会方法や費用は?

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の執筆者

本記事の執筆者

将棋を指すこと、観ることに関するさまざまな知識を、分かりやすくお届けします!

 

お子さまを研修会に入会させたい保護者の方や、女流棋士志望の方がこの記事を読めば、研修会の仕組みがよく分かりますよ!

 

研修会とは?

 

研修会とは、以下2つの役割を果たしている日本将棋連盟管轄の機関です。

 

  • 奨励会(プロ棋士養成機関)の下部組織としての役割
  • 女流棋士の養成機関としての役割

 

2021年4月現在、全国6か所(東京・大阪・愛知・福岡・札幌・仙台)に設置されています。

 

研修会では、子どもたちがA~Fのクラスに分かれて、会員同士の対局や、棋士との指導対局を通じて鍛錬しています。

 

研修会の役割

 

ここからは、先ほどのお話しした研修会の役割について、もう少しくわしく解説します。

 

奨励会の下部組織

 

研修会は、プロ棋士の育成機関である「奨励会」の下部組織の役割を持っています。

 

研修会で一定のクラスに昇級すると、奨励会への編入や、奨励会試験の一部免除を受けられる仕組みがあります。

また、奨励会試験合格には高い棋力(アマチュア四~五段程度)が求められるため、

合格に向けた修行として研修会で研鑽を積むお子さまも多いです。

 

現在では奨励会入会者の半分くらいは研修会出身と言われています。

 

きゃべ夫
藤井聡太先生も、かつては東海研修会で腕を磨きました。

 

プロを目指す人だけではない

研修会は、将棋を通じて健全な少年少女の育成を目指す教育機関としても位置付けられています。

そのため、プロを目指す人もいれば、趣味の延長として将棋を純粋に楽しんでいる人も在籍しています。

 

女流棋士の養成機関

 

研修会は、2021年4月現在、女流棋士になるための最も一般的なルートです。

 

研修会に入会した女性がB2クラスに到達すると、女流棋士2級としてデビューする権利を獲得できます。

研修会の仕組みは、日本将棋連盟Webサイトでも詳しくご紹介されておりますのであわせてご覧下さい。

 

例会の仕組み

 

研修会では、原則として毎月第2・第4日曜日に「例会」が行われます。

 

例会では、会員が1人4局の将棋を指します。

 

その結果によって、クラスが上がったり下がったりします。

 

おおまかな仕組みは以下の通りです。

 

クラス 昇級規定
A・Bへ 8連勝、12勝4敗、14勝5敗、16勝6敗、18勝7敗
C・D・Eへ 6連勝、9勝3敗、11勝4敗、13勝5敗、15勝6敗
F1へ 5連勝、7勝3敗、9勝4敗
F2へ 3勝3敗

 

1ヵ月に8局(4局×2例会)指すので、連勝が続けば1ヵ月で上のクラスに上がることも可能ということですね。

 

クラスが離れている会員との対局では、香落ち(上のクラスの会員が左の香車を落とす)や角落ち(角を落とす)などの「駒落ち」も行われます。

 

また、例会で指す相手は、他の子どもたちだけではありません。

棋士・女流棋士・指導棋士・奨励会員などとの対局も行われます。

 

なお、例会の結果は日本将棋連盟のWebサイトに公開されています。

 

研修会の入会方法

 

研修会は、随時、入会希望者を受け付けています。

申込は、ハガキ・メール・FAXで受け付けています。以下の日本将棋連盟Webサイトから申し込むことができます。

 

 

入会試験の内容は、例会に2回参加して研修会員(または棋士等)と将棋を指すというものです

 

計8局の結果によって、所属するクラスが決まります。

 

入会に必要なレベルは?

 

研修会は、一番下のFクラスでもアマチュア初段~二段程度の棋力が必要とされています。

 

ネット将棋で例えると、以下が1つの目安になるでしょう。

 

  •  将棋ウォーズ:二段
  •  将棋倶楽部24:4~5級(1,200点程度)

 

ただし、アマチュアの段級はあいまいな部分があります。

 

お子さんを研修会に入れてみたいという方は、近隣の将棋道場や教室の先生に尋ねてみることをおすすめします。

 

過去の事例から、研修会に入会できるレベルに達しているかを見極めてもらえるでしょう。

 

なお、近年では将棋ソフトの普及などによりプロ・アマチュア問わず、将棋界のレベルは底上げされています。

 

研修会のレベルも以前よりぐっと上がっており、下のように「研修会C2クラスで将棋倶楽部24で2200点相当」というような話もあります。

 

 

将棋倶楽部24の2200点は相当に高いレベル。一般的な町の将棋道場であれば四段~五段で指せる棋力です。

 

きゃべ夫
Dクラス~Eクラスでも、将棋倶楽部24なら二段(1800点)、将棋ウォーズなら三段くらいはあるかなという印象です。

 

研修会にかかる費用は?

 

研修会の入会~参加には以下の費用が掛かります。

 

  • 試験料 21,000円
  • 入会金 31,500円
  • 月謝  12,500円/月

 

遠隔地にお住まいの方であれば、これと別に会場までの交通費もかかります。

決して安い費用ではありません。

 

在籍期間が長くなるほど費用もかさむので、入会試験を受けるタイミングは、お子さまの棋力や年齢を踏まえてご家庭内で検討されることをおすすめします。

 

おわりに

 

今回は、研修会の仕組みについて詳しくご紹介しました。

 

レベルも高く、費用もそれなりにかかりますが、研修会は同年代の将棋仲間がふえる刺激的な環境です。

 

最後に少し将棋の技術面の話をすると、研修会入会を目指すなら、終盤力の強化が必須です。以下の記事が参考になるので、ぜひご覧ください。

>>アマチュア三~四段を目指すためにやるべき6つのこと

 

いつでも入会試験を受けられるという点もポイントです。研修会に興味を抱いた人は、ぜひ日本将棋連盟にお問い合わせください。

 

 

今回は以上です。

関連記事

-将棋界の仕組み
-

© 2021 きゃべ夫の将棋畑