将棋の初心者にオススメの将棋盤・駒セット4選!

こんにちは。

日本将棋連盟公認「将棋普及指導員」のきゃべ夫です。

夏になり、「藤井フィーバー」が一層熱くなってきましたね。

2020年7月に渡辺明棋聖を3勝1敗で破り、初タイトルとなる棋聖位を獲得。

そして、続く王位戦七番勝負でも、木村一基を4勝0敗と圧倒して史上最年少での二冠を達成しました。

そんな藤井先生の活躍を受けて「将棋を始めてみたい」「お子さまに将棋を始めさせたい」という方が非常に増えております

きゃべ夫
私が普段指導している将棋教室でも、たくさんの方が将棋を始めて下さっており、とても嬉しいです。
ところで、将棋をこれから始めようという方によく聞かれるのが、「どのような盤駒を使えばよいのか?」というご質問です。
将棋に使う盤や駒は、価格・種類とも非常に幅が広く、初心者の方だと何を使えばいいか迷ってしまいがちです。
そこで、今回は将棋の普及活動を通じて様々な盤駒を見てきた私がオススメする、初心者向けの将棋盤・駒のセットをご紹介します!

初心者にオススメの盤駒セット

NEWスタディ将棋

価格の安さ [star-list number=3.5]  3.5
指し味 [star-list number=4.0]  4.0
持ち運びやすさ [star-list number=3.5]  3.5
耐久力 [star-list number=4.0]  4.0

「公文式」でおなじみの「くもん」が開発した将棋盤・駒のセットで、特に将棋を覚えたてのお子さまにおすすめです。

それぞれの駒に動かし方が書かれており、駒の動きを全て覚えていない方でも安心して指すことができます。

また、駒が大きくお子さまの手に取りやすい、入門者向けのルールブックが付属しているなどの「お子さま向け」の工夫が多く詰め込まれています

見た目もかわいらしく、大変おすすめの一品です。

完全木製版 デラックス将棋

価格の安さ [star-list number=3.0]  3.0
指し味 [star-list number=4.5]  4.5
持ち運びやすさ [star-list number=3.5]  3.5
耐久力 [star-list number=4.0]  4.0

続いてご紹介するのは、「幻冬舎」から発売されている「完全木製版 デラックス将棋」です。

価格は本記事でご紹介する中で最も高価ですが、盤駒ともに木製で、非常に指し味が良いのが特徴です。

テレビのニュースなどで、藤井聡太棋聖が将棋を指している映像を見たことがある方も多いでしょう。

その映像で聞こえる「パチン」という心地の良い駒音を体感できるのが木製の盤駒です。

また、盤の折り目もポイント。

2つ折りにできる将棋盤の多くは裏に金具がついており、机に置くと金具の分だけボコっとしてしまいます。

しかし、デラックス将棋の盤はスマート。

のりで接着されており金具が付いていないので、机に置いてもガタガタ揺れることはありません。

本格派を求める方、まずは形からしっかり入りたいという方には特にオススメです!

ビニール盤+プラスチック駒

価格の安さ [star-list number=4.0]  4.0
指し味 [star-list number=3.5]  3.5
持ち運びやすさ [star-list number=4.0]  4.0
耐久力 [star-list number=4.5]  4.5

続いて紹介するのは、将棋教室や将棋大会などでよく見られる「ビニール盤とプラスチック駒」のセットです。

木の盤駒のような指し味は出ませんが、十分本格的です。

ビニール盤+プラスチック駒の最大の特徴は「手入れがしやすく、清潔な状態を保てる」点です。

将棋盤や駒は、指しているうちにどうしても指の脂などの汚れがたまっていきます。

木製の盤駒だと殺菌・消毒が難しいのですが、ビニール盤とプラスチック駒は簡単に殺菌・消毒ができ、新型コロナウィルスの感染拡大を防止する観点でも使いやすいと言えます。

ビニール盤・プラスチック駒の殺菌・消毒方法は関連記事でも詳しくご紹介しておりますので、あわせてご覧下さい。

マグネット盤

価格の安さ [star-list number=4.5]  4.5
指し味 [star-list number=2.5]  2.5
持ち運びやすさ [star-list number=4.5]  4.5
耐久力 [star-list number=3.0]  3.0

続いてはマグネット盤です。

価格は1,000円前後とリーズナブル。

磁石で盤駒がくっつくため、動かしたりひっくり返したりしても駒がバラバラになりません。

旅行中の電車の中など、揺れや動きのある環境で将棋を指す際には使いやすいでしょう。

ただし、木やプラスチック製の駒と比べると「将棋を指している感」がそこまでありません

将棋を本格的に始めていくと、マグネット盤では物足りなくなってくることが多いので、そうなったら上でご紹介したような盤駒を新調すると良いでしょう。

(参考)100円ショップの将棋盤

価格の安さ [star-list number=5.0]  5.0
指し味 [star-list number=2.0]  2.0
持ち運びやすさ [star-list number=3.0]  3.0
耐久力 [star-list number=2.5]  2.0

こちらは参考情報ですが、ダイソーなどの100円ショップでも、将棋盤・駒のセットが販売されています。

他と比べて、値段は圧倒的に安いですが、盤駒のサイズがかなり小さく、お子さまが指すのにもちょっと小さすぎるかな・・・という印象です。

また、盤も紙で出来ていることが多く、汚れたり破れたり無くしてしまったり・・・と、お世辞にも長く使うのに適しているとは言い難いです。

盤や駒を収納するケースも無いため、持ち運びもしづらいです。

手軽に何局か将棋を指す分には問題無いですが、本格的に将棋を始めてみたいという方は、上で紹介したような盤駒を買うことをおすすめします。

おわりに

初心者の方にオススメの盤駒セットをご紹介しました。

かつて、昭和~平成初期の将棋界に君臨した巨匠・大山康晴十五世名人は『道具を大切にする人は将棋も上達する』『将棋の駒や盤を持つなら、よりいいものを求めるべきだ』とよく話していたそうです。

ウン万円もする高級品を買いなさいという意味ではありません。

これは「自分がイメージするよりも、少しだけランクの高い盤駒を買いましょう。そうすることで道具への愛着がわき、崇高な気持ちで将棋を指せるようになり上達もするでしょう」という意味の言葉です。

将棋は一生モノの趣味です。

ぜひ、将棋を本格的に始めてみたいという方は、今回ご紹介した盤駒をお買い求めいただき、末永く将棋を楽しんでいただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA