おすすめ棋書

相振り飛車のおすすめ本5冊を紹介【将棋普及指導員が厳選】

振り飛車党の人

相振り飛車の戦い方を学べる本を教えてください!

こんな疑問にお答えします。

この記事では、将棋講師をしているぼくが、相振り飛車のおすすめ本をジャンル別に10冊ご紹介します

記事で紹介している本を読めば、相振り飛車を指すコツがわかりますよ!ぜひ参考にしてください!

相振り飛車のおすすめ本

さっそく相振り飛車のおすすめ本を紹介します。

1冊目:『必修!相振り戦の絶対手筋105』

最初にご紹介する1冊は、『必修!相振り戦の絶対手筋105』です。

藤井聡太先生の師匠としても知られる杉本昌隆先生の著書で、相振り飛車の将棋で現れる手筋を集めて解説しています。

ここがいい!

部分図で解説している手筋が多く、実戦に応用しやすいのが特徴です!

ぺんぎん

級位者の方の実力アップにぴったりだよ!

2冊目:『よく分かる相振り飛車』

2冊目は、『よく分かる相振り飛車』です。

今やYouTuberとしても大人気の伊藤真吾先生の著書で、相振り飛車の基本的なパターンごとに、定跡手順を解説しています。

参考:イトシンTV(YouTubeチャンネル)

ここがいい!

内容を5段階のレベルに分けて解説しているので、自分のレベルにあった知識を身につけることができます!

ぺんぎん

序盤でハマりやすい落とし穴のような手も多く紹介されてるよ!

3冊目: 『石田流を指しこなす本【相振り飛車編】』

3冊目は、『石田流を指しこなす本【相振り飛車編】』です。

石田流の本を数多く手がけている戸辺誠先生が、相振り飛車における石田流の指し方を解説しています。

ここがいい!

次の1手の問題集となっているので、普通の定跡書だと読めない・・・という方にも読みやすいのが特徴です。

ぺんぎん

難しいけど、しっかり読めば、実戦で攻めをつなぐ技術が大きくアップするよ!

4冊目:『相振り飛車を指しこなす本』

4冊目は、『相振り飛車を指しこなす本』シリーズです。

藤井システムや藤井矢倉を考案し、定跡の発展に大きく貢献した藤井猛先生による、全4巻のシリーズです。

ここがいい!

戦型(お互いがどこに飛車をふるか)や囲いごとに章が分かれており、自分が好きな形を勉強できます!

ぺんぎん

特におすすめなのは第1巻。相振り飛車の基本となる「金無双・矢倉・穴熊の崩し方」を体系的に学べますよ!

5冊目:『わかる!勝てる!!現代相振り飛車』

最後に紹介するのは、『わかる!勝てる!!現代相振り飛車』です。

三間飛車を武器に、2020年度のC級1組順位戦で全勝を達成した高崎一生先生による定跡書です。

ここがいい!

角道を止めず、序盤から積極的にリードを奪いに行く現代の相振り飛車を学べます!

ぺんぎん

巻頭に相振り飛車の序盤チャートがついてるよ!

まとめ

今回は、相振り飛車のおすすめ本をご紹介しました。ぜひこの記事で紹介した本を役立ててくださいね!

また将棋の本をたくさん読んで強くなりたい!という人には、Amazonが提供している「Kindle Unlimited」がおすすめです!

ぺんぎん

月額980円で数百冊の棋書が読み放題。紙の本を1冊買うお金で、その気になれば100冊でも200冊でも読めますよ!

30日間の無料体験もついているので、まずはお気軽に試してみましょう。

≫Kindleを30日間無料で試す!(公式サイト)

ABOUT ME
ぺんぎん
地方在住の将棋講師です。未就学児から80代まで、幅広い年代の方に将棋を指導してきた経験をもとに、初心者、級位者の棋力アップに役立つ情報をお届けします。