おすすめ棋書

【超有益】将棋の終盤力を強化するおすすめ棋書5選!

終盤力強化のおすすめ本

 

いつも逆転負けばかりでつらいです。終盤がつよくなりたい!

 

こんな悩みにお答えします。

 

本記事の内容

  • 終盤力を強化するおすすめ本5選

 

本記事の執筆者

本記事の執筆者

将棋を指すこと、観ることに関するさまざまな知識を、分かりやすくお届けします!

 

この記事で紹介している本をマスターすれば、あなたの終盤力は間違いなく有段者クラスになりますよ。

 

おすすめ終盤本5冊

 

将棋は終盤力がすべてといっても過言ではないゲームです。なぜなら、玉を詰ますことが勝利の条件なので。

 

終盤でくやしい逆転負けをしたという経験はみなさんもたくさんあるでしょう。将棋で勝つためには、終盤力の強化は避けて通れない道です。

 

ということで、終盤力をきたえるおすすめ本を紹介していきます。おすすめは以下の5冊です!

 

 

それぞれ、くわしく紹介していきますね!

 

1冊目:寄せの手筋200

 

著者 金子タカシ
推奨棋力 5・6級~

 

実戦に現れそうな局面を題材に、相手玉を寄せる手筋をまとめた本です。問題・解説のクオリティが高く、すべてのアマチュアが読むべき名作です。

きゃべ夫のおすすめポイント!

「上からおさえる」「挟撃の寄せ」など、テクニックごとに問題がまとまってて、読みやすいです。

 

2冊目:羽生善治の終盤術(1)攻めをつなぐ本

 

 

著者 羽生善治
推奨棋力 5・6級~

 

羽生善治先生の実戦を題材にした次の1手問題集で、羽生先生になったつもりで考えながら解くことができる本です。

 

きゃべ夫のおすすめポイント!

ただ詰ます、受けなしに追いこむんじゃなくて、中盤から終盤の手の流れや将棋の組みたて方が学べるところがGood。

 

3冊目:妙手に俗手、駒余りもあり!実戦詰め筋事典

 

著者 本間博
推奨棋力 初心者~

 

相手玉を詰ます問題が収録された本です。といっても、詰将棋のような厳密なルールはなく、実戦で現れそうな詰みの形を多くのせています。

 

きゃべ夫のおすすめポイント!

実戦での役立ち度は圧倒的です。実戦で詰将棋のようなキレイな詰みが出ることってあんまりないですからね。

 

4冊目:3手詰ハンドブック

 

著者 浦野真彦
推奨棋力 初心者~

 

浦野真彦先生のロングセラーシリーズ。コンパクトな形の3手詰めを200問収録しています。将棋のルールを覚えたばかりの初心者の方の入門書としてぴったりですよ。

 

きゃべ夫のおすすめポイント!

1周(200問)を何分で完走できるかを測るのも楽しいですよ。

 

5冊目:凌ぎの手筋200

 

著者 金子タカシ
推奨棋力 初段~

 

1冊目の「寄せの手筋200」と同じ金子タカシさんの著書。相手からの攻めをどのようにしのぐか?というテーマの問題が200問のっています。

 

内容はかなり難しいですが、読みの力が鍛えられる1冊。有段者になったら、ぜひお手元におきたい本ですよ。

 

きゃべ夫のおすすめポイント!

苦しい場面でもあきらめない精神力を身につけることができます。

 

まとめ:終盤力の強化は大事。本を読んで勉強しよう!

 

今回は、終盤力を強化する本を紹介してきました。さいごに、今回紹介した5冊を一覧でまとめます。

 

 

あなたの終盤力アップにつながる本がきっと見つかるはずです。

 

ほかにも、おすすめ棋書をいろいろな記事で紹介していますので、ぜひ以下の関連記事もよんでくださいね!

 

関連記事

>>必至問題のおすすめ本5冊

>>四間飛車のおすすめ本10冊

>>三間飛車のおすすめ本10冊

>>相振り飛車のおすすめ本5冊

>>初段を目指すおすすめ本5冊

関連記事

-おすすめ棋書
-

© 2021 きゃべ夫の将棋畑