観る将むけ

将棋の名人戦、順位戦ってどんな棋戦?仕組みや見どころを解説!

名人戦ってどんなタイトル戦なんですか?ニュースで見たけどよくわからなくて・・・

こんな疑問にお答えする記事です。

この記事では、プロの将棋を20年以上観ているぼくが、将棋界の8大タイトルの1つ「名人戦」について解説します。

記事を読めば、名人戦の仕組みや見どころがよくわかるようになりますよ。

ぺんぎん

将棋界のことをよく知らない方でも読めるよ!ぜひ最後まで読んでね!

名人戦・順位戦の基本データ

まずは名人戦の概要を紹介します。

名称名人戦
主催朝日新聞社、毎日新聞社
保持者渡辺 明
対戦方式7番勝負
持ち時間:9時間(2日制)
予選方式順位戦(リーグ戦)

名人戦は、将棋界の8大タイトルの中で序列2位のタイトル戦と位置づけられています。また、序列1位の「竜王」とならび、将棋界の中でも別格のタイトルとされています。

例年4~6月にタイトル保持者と挑戦者による7番勝負が行われ、先に4勝したほうが優勝となり、それから1年間「名人」を名乗ることができます。

挑戦者を決めるまでの戦いについて解説します。

名人に挑戦するためには、「A級順位戦」と呼ばれるリーグ戦で優勝する必要があります。

順位戦とは、5つのランクにわけて行われるリーグ戦です。サッカーでいうJ1、J2のようなものです。

プロデビューした棋士は、1番下の「C級2組」からスタートします。1年間を1期として戦い、各クラスの成績優秀者は1つ上のクラスにあがります。

こうして1つずつクラスをあげ、最高峰のA級までたどりつき、さらにそこで優勝してようやく名人に挑戦できるのです。エベレストもびっくりの高い山です。

名人戦・順位戦の見どころ

名人戦は、7番勝負はもちろん、予選にあたる順位戦も大きな見どころです。

というのも、順位戦は、ただ上のクラスを目指すだけの戦いではなく、成績が悪いと下のクラスに落ちることもあるからです。これを 「降級」 と言います。

順位戦の所属クラスは、棋士の収入にも大きく影響します。そのため、文字通り「命をかけた戦い」が繰り広げられるのです。

また、順位戦の持ち時間は6時間ずつ。これは1日で行われる公式戦の中では最長です。終局が日付をまたぐことも珍しくなく、深夜まで続く激戦の1つ1つが見どころです。

名人戦・順位戦の主要な対局は、ABEMAで見られます。 ABEMAプレミアムなら、過去の名勝負やオリジナルの企画動画を好きなだけ見れます。観る将の方はぜひチェックしてみましょう!

ABEMAプレミアムの申し込み方法を解説【14日間無料】

名人戦・順位戦の詳細がわかるサイト、SNS

名人戦の詳細な情報は、主催者のWebサイトやSNSで見ることができますよ。ぜひ以下も参考にしてください!

名人戦・順位戦の少しマニアックな話

ここからは、知っていると少しだけ周りの人より名人戦にくわしくなれる知識をお話します。

江戸時代から続く伝統

「名人」という称号は江戸時代から続く伝統です。

江戸時代には、将棋の家元が徳川幕府から俸禄を支給され、そのかわりに将軍様の御前で年に1回、将棋の腕前を披露していました。

そして、家元の中で最も権威の高い者が「名人」として推挙されました。この「家元制」の名人制度は300年以上続きましたが、昭和初期に、「実力制」に移行しました。

「実力制」とは、『名人保持者と挑戦者が年に1回、7番勝負を行い、勝ったほうを名人にしよう』という制度で、今の名人戦とほぼ同じシステムです。

2社共催

名人戦・順位戦は、朝日新聞と毎日新聞の2社が共催しています。大手の新聞社が1つのタイトル戦を共催するのはレアで、8大タイトルでは名人だけです。

過去の歴史上、名人戦の主催は、朝日で毎日でいったりきたりしてましたが、2006年から2社共催の形に落ち着きました。

ぼくもは1人のアマチュアにすぎないので経緯は知りませんが、渡辺明先生のブログなどで触れられています。

名人戦問題を振り返る1(渡辺明ブログ)

まとめ

今回は、将棋界の8大タイトルの1つ「名人戦」についてお話しました。将棋に興味を抱いたかたの参考になればうれしいです。

当サイトでは、将棋界の仕組みを解説する記事をいろいろと書いているので、ぜひほかの記事もチェックしてくださいね!

ABOUT ME
ぺんぎん
地方在住の将棋講師です。未就学児から80代まで、幅広い年代の方に将棋を指導してきた経験をもとに、初心者、級位者の棋力アップに役立つ情報をお届けします。